ブラード総裁:FRBの開かれた姿勢、優れた金融政策に貢献

米セントルイス連銀のブラード総裁 は、米連邦準備制度理事会(FRB)が多くの意見を取り入れ、開かれ た姿勢を維持することが「集団思考」を回避する助けになるほか、「優 れた金融政策」と「マクロ経済の改善」につながるとの見解を示し た。11日のセントルイスでの講演で語った。具体的な経済や政策見通し については言及しなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE