グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は3営業日続落。ハンセン指数が約3カ月ぶりの安 値を付けた。スペインの国債利回り上昇を受け、同国の救済が必要に なる可能性があるとの懸念が広がった。

売上高の約80%を欧州で稼ぐ衣料小売りのエスプリ・ホールデ ィングス(330 HK)は3.2%安。時価総額で中国最大の海洋石油会 社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は原油安につれて2.1% 下げた。造船会社の広州広船国際(317 HK)は3.6%下落。1-3 月(第1四半期)利益が半減したもようだとの発表が嫌気された。

不動産開発会社のチョンコン・ホールディングス(長江実業集団、 1 HK)やキャセイ航空(293 HK)も安い。

コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・マ ネジメントの投資市場調査責任者、スティーブン・ハルマリック氏 (シドニー在勤)は「スペインは極めて困難な状況だ。当局によるあ る種の介入を必要とする公算の方が、そうでない可能性よりも大きい」 と指摘。「欧州はなお世界経済の20%を占めており、アジアにとって 大きな顧客であることは確かだ」と述べた。

ハンセン指数は前日比215.57ポイント(1.1%)安の

20140.67と、1月20日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株 (H株)指数は0.9%安の10503.83で引けた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が2週間ぶりの高値を付けた。 欧州債務危機が悪化しつつあるとの懸念よりも、中国の不動産販売や 新規融資が回復するとの見通しが材料視された。

保利房地産集団(600048 CH)を中心に不動産開発株が上昇。 不動産株指数はほぼ1カ月ぶりの高値で終了した。自動車メーカーの 一汽轎車(000800 CH)は2.9%値上がり。

産金会社の中金黄金(600489 CH)や港湾建設の中国交通建設 (601800 CH)も買われた。

一方、重慶三峽水利電力(集団、600116 CH)が1.6%下落し、 重慶を本拠とする銘柄の下げを主導。重慶市トップの共産党委員会書 記を解任された薄熙来氏が、党中央の職務も停止されたことが手掛か り。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「景気減速が今後 も続けば、市場は住宅ローン金利の優遇や融資促進などの景気支援策 を政府に期待する」と述べた上で、「こうした政策見通しを踏まえ、 株式相場はこの水準で支持線を見つける可能性がある」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比3.06ポイント(0.1%)高の2308.93と、 先月27日以来の高値で終了。上海、深圳両証取のA株に連動するC SI300指数は0.25ポイント高の2520.04で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。指標のセン セックス30種指数は2週間ぶ りの安値となった。アジア開発銀行 (ADB)とクレディ・スイ ス・グループがインドの成長率見積もり を2009年以降で最低の水 準に引き下げたことが響いた。

インド最大の発電設備メーカー、バーラト重電機は3日続落。世 界最大の製油施設を運営するリライアンス・インダストリーズは

1.7%下げた。インドネシアで地震が発生したことを受け、同国に石 炭権益を保有するアダニ・エンタープライゼスとタタ・パワーも売ら れた。

一方、国内2位のソフトウエアメーカー、インフォシスは1.2% 上昇。同社は1-3月(第4四半期)決算を13日に発表する。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比44.44ポイ ント(0.3%)安の17199.40で終了。一時の1%安から持ち直し前 日終値を上回る場面もあったものの、インドネシアの地震と津波警報 のニュースをきっかけに再び下げに転じた。

ADBはこの日、今年度(2012年4月-13年3月)のインド 国内総生産(GDP)は7%増との推計を示し、昨年9月時点の予想 (8.3%増)から下方修正した。クレディ・スイスも7%増を見込ん でおり、従来予想の7.3%増から引き下げた。政府見通しでは昨年度 のGDPは6.9%増とみられている。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比46.14ポイント(1.1%)安の

4246.13。

【韓国株式市況】

11日の韓国株式市場は総選挙のため休場。取引は12日に再開 される。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比15.99ポイント(0.2%)高の7656.67。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比36.00ポイント(1.2%)安の2946.44。

【マレーシア株式市況】

11日のマレーシア株式市場は国王戴冠式の祝日で休場。取引は 12日に再開される。

【タイ株式市況】

11日のタイ株式相場は下落。インドネシア沖で発生した地震に 伴い、タイでも津波警報が出された。

SET指数は前日比11.12ポイント(1%)安の1154.49と、 4営業日続落。終値としては先月13日以来の安値となった。

時価総額でタイ最大のホテル運営会社セントラル・プラザ・ホテ ル(CENTEL TB)は4.1%安の11.80バーツ。プーケットでホテル を展開するラグナ・リゾーツ・アンド・ホテルズ(LRH TB)は

2.4%下げ40バーツとなった。

米地質調査所(USGS)によると、インドネシアのアチェ州沖 でマグニチュード(M)8.7の地震が発生した。

【インドネシア株式市況】

インドネシアの通貨ルピアが11日、約3週間ぶりの安値となり、 株式と国債相場も下落した。アチェ州での地震と津波警報に反応した。

米地質調査所(USGS)によると、アチェ州の地震はマグニチ ュード(M)8.7。住民は高台に避難した。2004年のスマトラ島沖 地震(M9.1)に伴う津波では12カ国で22万人以上の死者が出た。

PTバンク・ラキアット・インドネシアの為替ディーラー、アン ディ・ウィジャヤ氏は「被害の度合いはまだ不明だ。被害が大きけれ ば財政への負担となるだろう」と話した。

ジャカルタ時間午後5時8分(日本時間同7時8分)現在、ルピ アは0.2%安の1ドル=9205ルピア。一時は3月23日以来の安値 の9208ルピアを付けた。

ルピア建てインドネシア国債(2022年5月償還、表面利率7%) の利回りはインターディーラー・マーケット・アソシエーションの終 値で3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.97%。 これは3月16日以来の高水準。ロイヤル・バンク・オブ・スコット ランド・グループによれば、ドル建て債(2021年5月償還、表面利 率4.875%)の利回りは1bp上昇し3.77%。

地震発生のニュースが取引終了の約15分前に飛び込んできたイ ンドネシア株式市場では、ジャカルタ総合指数が前日比19.79ポイ ント(0.5%)安の4130.01で引けた。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比4.85ポイント(0.1%)安の

5017.44。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE