中国:薄氏、党中央の職務停止-妻は英国人殺人容疑で送致

中国・重慶市トップの共産党委員会 書記を解任された薄熙来氏は、党中央の職務も停止された。同氏の妻が 捜査の結果、英国人を殺害した容疑で司法当局に送致された。

薄氏の妻らは、昨年11月に重慶市で死亡した英国人ビジネスマン、 ニール・ヘイウッド氏を殺害した「容疑が強まった」と、国営新華社通 信が10日遅く伝えた。英国政府は、ヘイウッド氏がアルコール中毒で死 亡したとの報告を受けていた。

新華社によれば、薄氏の妻らは「国際的な殺人容疑で司法当局に身 柄を引き渡された」。新華社の別の報道によると、薄氏は「深刻な規則 違反に関与した疑い」が持たれており、中国共産党は同氏の全職務を停 止した。

政治局と中央委員会のポスト解任は、共産党の正式な会合で行われ るのが通常で、しばしば収監や軟禁などにつながる。1989年以降に定例 の会合以外で政治局のポストを解任された4人のうち、2人は収監さ れ、中国共産党の故趙紫陽・元総書記は晩年のほとんどを自宅軟禁下に 置かれた。

米ブルッキングス研究所の中国政治担当アナリスト、リ・チェン氏 は「非常に深刻な罪での薄氏収監に向け、さらに歩を進める措置だ」と し、「党指導部の結束と、比較的短期間で事態の収拾を図るという指導 部の意向を示している」と話した。

北京の英国大使館は今年に入って、うわさや疑惑が強まる状況を受 け、ヘイウッド氏の死亡の経緯を調査するよう求めていたと、同大使館 のジョン・ギャラガー報道官が3月26日明らかにしている。

原題:Bo Suspended After Wife Suspected in Murder of British Man (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE