ダラス連銀総裁:企業は物価上昇圧力を懸念、FRB資産増で

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は、連邦準備制度理事会(FRB)の2兆8700億ドル(約231兆円)の 資産がインフレを加速させるとの不安を企業が抱いていると指摘した。

フィッシャー総裁は10日にオクラホマ州で講演し「街角で耳にした のは、FRBのバランスシートの拡大でインフレの炎になりかねない燃 えさしの中にいるという懸念だ」と述べ、小規模企業は「価格決定力が ないため原価上昇による圧力」を特に心配していると指摘した。

原油価格は今年2.2%値上がりし、個人消費支出(PCE)価格指 数は2月に前年同月比で2.3%上昇しFRBの目標である2%を上回っ た。

3月の非農業部門雇用者数は前月比12万人増と、5カ月ぶりの低い 伸びとなり、ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の 下限を下回った。これについて同総裁は、米経済に関する見通しを変化 させるものではないと述べ、「私はもう少し注意深くなるだろうが、一 つのデータにすぎない。一つのデータでは決定を下さない」と述べた。

原題:Fed’s Fisher Says Companies Voicing More Concern About Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE