ロムニー氏、対立候補攻撃の広告中止-米大統領選指名争いで

米大統領選の共和党候補指名争いで 優位に立つミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事の陣営は、対立 候補のリック・サントラム元上院議員を攻撃するペンシルベニア州での テレビ選挙広告の中止を決めた。サントラム氏が娘の入院に伴い選挙運 動を数日間休止したことに対応した。

ロムニー陣営の報道を担当するアンドレア・サウル氏は、「各放送 局は技術的に可能な限り早期にこの要請に従うだろう」とのコメントを 発表した。

ロムニー陣営はペンシルベニア州の放送局にサントラム氏を批判す る選挙広告を取り下げ、ロムニー氏のマサチューセッツ州知事時代の実 績を強調する広告に差し替えるよう求めた。同陣営は9日から始ま る290万ドル(約2億3600万円)相当のスポット広告を準備。これ は2006年のペンシルベニア州での上院議員選挙で3期目を目指しながら 敗北したサントラム氏をやゆするものだった。

サントラム氏は5月まで選挙活動を続けると表明しているものの、 側近らは4月24日のペンシルベニア州予備選での勝利が生き残りに極め て重要だとの認識を示している。同氏は今月6日、難病を患っている3 歳の娘が入院したと発表していた。

原題:Santorum Child’s Illness Prompts Romney Camp to Pull Attack Ad(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE