英首相が来日、EU企業に対する貿易障壁解除を呼び掛け

キャメロン英首相が4日間の日程で アジア訪問を開始した。最初に訪れる日本では、欧州連合(EU)との 自由貿易協定(FTA)に道を開くため、EU企業に対する貿易障壁の 解除を呼び掛ける。

英首相府によると、キャメロン首相は10日、北朝鮮の安全保障問題 や、イラン、シリア情勢について協議する前に、野田佳彦首相との間で 貿易問題で突っ込んだ話し合いを行う。英企業幹部35人の代表団を率い たキャメロン首相は、日産自動車の横浜本社も訪問する。

この代表団には、バークレイズ、BAEシステムズ、ロイヤル・ダ ッチ・シェル、ロールス・ロイス・ホールディングスなどの幹部が含ま れる。英企業は日本企業と総額2億ポンド(約260億円)規模の契約を 結ぶ見通しだ。日産は英サンダーランド工場で新型ハッチバックを生産 する計画を明らかにした。

日産は3月、同工場での生産を拡大し、2000人の雇用を創出する意 向を示していた。キャメロン首相は「このような投資をさらに誘致した いと考えている」と述べた。

原題:Cameron Calls for Japan to Lift Trade Barriers for EU Companies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE