米国株:4日続落、雇用者数の伸びが予想下回り

米株式相場は4営業日続落。6日に 発表された3月の雇用統計で非農業部門雇用者数の伸びが市場予想を下 回ったことを嫌気し、売りが出た。

建設機械のキャタピラーや複合企業のゼネラル・エレクトリック (GE)など工業株が安い。S&P500種株価指数の金融株は1.6%安。 バンク・オブ・アメリカ(BOA)やシティグループが特に下げた。10 日に決算発表を控えるアルコアは0.3%安。一方、マイクロソフトに特 許を売却しライセンス契約を結ぶことで合意したAOLは43%高。

S&P500種株価指数は前営業日比1.1%安の1382.20。先週は0.7% 下げていた。ダウ工業株30種平均は130.55ドル(1%)安の12929.59ド ル。米国の証券取引所全体での売買高は約55億株と、3カ月平均を19% 下回った。6日は雇用統計が発表されたが、グッドフライデー(聖金曜 日)のため、株式市場は休場だった。

パイオニア・インベストメンツの運用担当者、ジョン・キャリー氏 (ボストン在勤)は電話インタビューで「現在、市場が注目しないとい けない大きなニュースは雇用の数字で、失望される内容に注目が集まっ ている」と発言。「経済成長は続いているが、ペースは緩やかだ。それ が多くの投資家をいらだたせていると思う。過去のように経済を大きく 前進させるような動きがない」と述べた。

雇用統計

労働省が6日に発表した3月の雇用統計によると、非農業部門雇用 者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比12万人増と、ここ5カ月で 最も小幅な伸びにとどまった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミストの予想中央値は20万5000人増だった。前月までは3カ月連続 で20万人を超える伸びを記録していた。

ナショナル・セキュリティーズ(ニューヨーク)の市場担当チーフ ストラテジスト、ドナルド・セルキン氏は電話インタビューで、「これ はかなりのショックだ。皆が20万人増に固執している」と語った。

米株式相場はこの3年間に9回、雇用統計の悪材料の影響を克服し て強気相場を維持し、S&P500種株価指数は107%上げている。雇用者 数の実績は市場予想を8万5000人下回った。2009年3月以降の雇用統計 で実績が予想をこの規模で下回ったケースを見ると、翌営業日にS& P500種は平均で0.8%下落しているが、1週間後には下げ幅を半分に縮 小し、2週間後には0.9%上昇まで持ち直している。

景気敏感株で構成するモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は1.9%安。ダウ輸送株平均は1.7%下げた。

成長鈍化見通し

ブルームバーグの調査によると、第1四半期の米経済成長率の予想 は2%。2011年第4四半期は3%だった。

工業株指数は1.6%安と、S&P500種のセクター別で最も下げた。 キャタピラーは2.2%、GEは1.5%それぞれ下げた。

KBW銀行指数は1.9%安。BOAは3.3%下落し、ダウ平均の構成 銘柄で下落率首位となった。シティは2.4%下落。素材株指数は1.5% 安。デュポンやアルコアが安い。

ブルームバーグがまとめた見通しによると、S&P500種構成企業 の増益率は0.8%増と予想されている。2011年第4四半期は予想を3.4% 上回った。予想を上回るのは12四半期連続だった。

AOLは少なくとも2009年11月以降で最大の上げとなった。同社は マイクロソフトに特許と出願中の関連特許あわせて800件余りを売却 し、ライセンス契約を結ぶことで合意に達した。取引規模は約10億6000 万ドル(約860億円)。AOLは売り上げが減少する中、戦略的転換を 求める株主の声が高まっていた。

原題:U.S. Stocks Decline as Jobs Report Misses Economists’ Estimates(抜粋)

--取材協力:Lynn Thomasson、Lu Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE