住商:中国でコメの集荷・販売事業に参入、年100万トンの販売目指す

住友商事は9日、中国でコメの集 荷・精米・販売事業に参入すると発表した。現地企業に出資し、日本の 精米技術や集荷、品質管理、マーケティングノウハウを提供する。2020 年までに同国で年間100万トンのコメの販売を目指すという。

発表資料によると同社は、吉林省政府傘下の農産物集荷・加工・販 売会社である吉林糧食集団子会社の第三者割当増資を引き受けて25 -30%出資することで基本合意した。出資額や出資時期は今後詰める。 同子会社は6つの精米工場を保有し、現在年間10万トン程度のコメを販 売している。住商の出資により新規の精米工場設置などで20年までに販 売量を10倍に拡大する。

中国では味や品質のみならず、安心・安全の関心が高まっており、 住商では1キロ当たり10元(約130円)前後の中・高級のブランド米を 量販店や外食向けに販売する方針という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE