米株、雇用統計の悪影響を克服できるか-3年で10回目の試練

先週末発表された3月の米雇用統計 では非農業部門雇用者数がエコノミスト予想を下回る伸びにとどまった が、米株式相場はこの3年間に9回、雇用統計の悪材料の影響を克服し て強気相場を維持してきた。ブルームバーグの集計データによれば、 S&P500種株価指数はこの3年間で107%上げている。

3月の非農業部門雇用者の前月からの伸びは12万人と、ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値(20万5000人)を 8万5000人下回った。2009年3月以降の雇用統計で実績が予想をこの規 模で下回ったケースを見ると、翌営業日にS&P500種は平均で0.8%下 落しているが、1週間後には下げ幅を半分に縮小し、2週間後に は0.9%上昇まで持ち直している。

ブルームバーグの集計データによると、雇用者数の伸びが予想を8 万5000人以上下回ったケースは09年に2回、10年に4回、11年に3回あ った。このうち、S&Pの1日の下げ幅としては最も大きい3.4%安 を10年6月4日に付けたが、2週間後には6月3日の終値を1.2%上回 る水準まで回復している。

原題:Jobs Pose Challenge S&P 500 Has Overcome Nine Times During Rally(抜粋)

--取材協力:Lu Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE