バーナンキFRB議長の警告、米雇用統計が確かさ裏付けたか

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は先月、企業は緩やかな経済成長という局面に合わせて 労働力を調整するため、雇用の伸びは鈍化する可能性があると警告して いた。6日に発表された米雇用統計は、その確かさを裏付けたかもしれ ない。

3月の非農業部門雇用者数は前月比12万人増と、この5カ月で最も 低い伸びとなった。職探しを休止する人が増えたことから失業率 は8.2%と、前月の8.3%から低下した。

ブッシュ政権で財務次官補を務め、現在はメリーランド大学で教え るフィリップ・スウェーゲル氏は、「バーナンキ議長は世界で最も大き な『ほらね、言った通りでしょう』の言葉を発しているはずだ」と指 摘。「FRBにとっては、現行の緩和的スタンスを継続することへの一 定の安心感が生まれたに違いない」と続けた。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのチーフエコノミスト、ジ ョン・シルビア氏は、この日の雇用統計を受けてFRBが次回24、25日 の連邦公開市場委員会(FOMC)で資産購入拡大を決定したり、2014 年遅くまで政策金利をゼロ近辺に維持する方針を変更することはないと の見方を示す。

シルビア氏はその上で、4月と5月の雇用関連指標が失望を誘う内 容となった場合は、6月のFOMCで追加緩和を決める可能性が高まる かもしれないと指摘した。

今回の雇用統計に対する米金融当局の反応をより深く知る機会は、 8日の週に訪れる。イエレンFRB副議長は11日にニューヨークでスピ ーチする。ニューヨーク連銀のダドリー総裁は12日にシラキュースで講 演予定。バーナンキ議長は9日、金融安定をテーマとした講演を行う。

原題:Bernanke Warning on Jobs Vindicated by March Payrolls Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE