中国:7日物レポ金利、約6週間ぶり高水準-人民元も上昇

中国の短期市場金利は6日、約6週 間ぶりの高水準となった。市中銀行が預金準備の要件を満たすため資金 を積んでおり、金融システム内の資金供給が減少したとの観測が広がっ た。

銀行間資金の取引センター、NIFCがまとめた加重平均金利によ れば、7日物レポ金利は上海時間午後4時半(日本時間同5時半)現 在、24ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.23%。一時 は4.24%と、2月27日以来の高水準に達した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は対ド ルで前日比0.14%高の1ドル=6.3063元。週間では0.13%安となった。

ブルームバーグが集計したデータでは、元の1年物ノンデリバラブ ル・フォワード(NDF)は0.05%高の6.3335元。

原題:China Money Rate Reaches 6-Week High After Cash Paid; Yuan Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE