スイス中銀の正念場、「市街戦」に突入か-フラン上限突破で

スイス国立銀行(中央銀行)のヨル ダン暫定総裁は、為替政策の信認を投資家から問われる最大の正念場を 迎えている。

外国為替市場では5日、昨年9月6日に中銀が上限を設定して以来 初めて、スイス・フランが1ユーロ=1.20フランの節目を突破した。中 銀は市場のさらなる攻撃に対処する決意を直ちに表明したが、ヨルダン 暫定総裁(49)は、脅しをどこまで実行する覚悟か見極めたいと考える 投資家との対決を迫られている。

スイスクオート銀行のチーフ為替ストラテジスト、ペーター・ロー ゼンシュトライヒ氏(ジュネーブ在勤)は「スイス中銀に対する警報 だ。これまでは口先介入が非常に成功していたが、今度は中銀と市場と の古典的な市街戦になる。中銀の信認が問われ、中銀は何らかの対応を 余儀なくされるだろう」と指摘する。

市場が動揺する際に資金の逃避先とされるフランは、スペインのラ ホイ首相が「極めて困難な状況」に自国が直面していると発言したこと を受けて、続伸。5日は一時、1ユーロ=1.19995フランを付けた。

クレディ・スイス・グループのエコノミスト、クロード・マウラー 氏は「スイス中銀はもっとリラックスしたイースター休暇を恐らく期待 していたのだろうが、ヨルダン暫定総裁の仕事は決して容易なものでは なかろう」と話している。

原題:Swiss Franc Showdown Looms as Jordan Defends SNB’s Currency Cap(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate、Paul Dobson、Klaus Wille.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE