4月5日の欧州マーケットサマリー:株は小幅反発、スペイン債下落

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3057   1.3142
ドル/円             82.37    82.46
ユーロ/円          107.54   108.37


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  259.07     +.31      +.1%
英FT100     5,723.67   +19.90     +.3%
独DAX      6,775.26    -8.80     -.1%
仏CAC40    3,319.81    +6.34     +.2%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .14%        -.05
独国債10年物     1.74%       -.05
英国債10年物     2.16%       -.06


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,631.00    +10.00    +.61%
原油 北海ブレント        123.13      +.79     +.65%

◎欧州株式市場

5日の欧州株式相場は小幅反発。ユーロ圏の債務危機懸念が再燃 して下げ基調で推移していたものの、鉱業株の上昇が支えとなり終了 1時間前に上げに転じた。ストックス欧州600指数は週間ベースで は3週連続安。

商品取引会社グレンコア・インターナショナルとスイスのエクス トラータを中心に資源関連株の指数が上昇。ニューヨーク市場での銅 先物の値上がりが追い風となった。銀行株は総じて下げ、伊ウニクレ ディトは3.1%下落。英有料テレビ放送のブリティッシュ・スカ イ・ブロードキャスティング・グループ(BスカイB)は3.4%値 下がり。傘下のスカイニューズが電子メールのハッキングを許可して いたことを認め、株が売り込まれた。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の259.07で終了。 一時、0.9%安をつける場面も見られた。同指数は今週に入り

1.6%下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を受けて追 加緩和期待が後退したことが背景にある。

キャピタル・スプレッズ(ロンドン)のセールス責任者、アンガ ス・キャンベル氏は「地合いがマイナスからプラスに転じた」と指摘。 「相場の反転は、買いの好機が出ればまだリスク意欲が高まることを 表しており心強い」と述べた。

この日の西欧市場では、15カ国のうち9カ国で主要株価指数が 下落。デンマークとノルウェー、アイスランドの市場は祝日で休場だ った。明日はグッドフライデー(聖金曜日)の祝日で西欧市場は全て 休場となる。

◎欧州債券市場

5日の欧州債市場では、スペインやイタリアを中心に欧州の高債 務国の国債が下落。域内債務危機の拡大食い止めに当局が苦戦すると の見方が広がった。

スペイン10年債は3営業日連続の値下がり。前日の国債入札で の需要減退に加え、国際通貨基金(IMF)報道官がスペインは「厳 しい」試練を迎えていると発言したことが響いた。同国債の利回りは、 欧州中央銀行(ECB)が3年物資金を域内銀行に供給する長期リフ ァイナンシングオペ(LTRO)を始めた昨年12月以来の最高とな った。一方、安全資産を求める動きから、ドイツの2年および5年債 利回りは過去最低に低下した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、ピーター・ チャットウェル氏(ロンドン在勤)は「スペインが引き続き市場の焦 点だ」と指摘。「LTROの効果が薄れており、それは昨日の入札結 果からも明らかだ。市場は依然としてイベントリスクに備えており、 それで安全資産に資金を戻す動きが支えられている」と説明した。

ロンドン時間午後4時33分現在、スペイン10年債利回りは前 日比6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.75%。 昨年12月13日以来の高水準である5.84%に達する場面もあった。 同国債(表面利率5.85%、2022年1月償還)の価格は0.44下げ て100.70。

スペイン10年債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレ ッド)は11bp拡大して402bp。一時は410bpとなり、昨年 11月30日以来の最大となった。また、CMAによれば、スペイン 債を保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレ ッドは年初から24bp上昇して471bpと、同国の信用の質への認 識が悪化したことを示している。

イタリア10年債利回りは7bp上昇の5.44%。ドイツ債との スプレッドは12bp開いて370bp。

フランス10年債は4営業日続落。利回りは4bp上昇して

2.99%となった。同国はこの日の国債入札で計84億4000万ユー ロ相当を発行。10年債の平均落札利回りは2.98%と、前回入札を 上回った。

ドイツ5年債利回りは5bp低下して0.72%。一時は

0.711%と、ブルームバーグがデータ収集を開始した1990年以来 の最低を記録した。2年債利回りも0.133%と過去最低。ドイツ 10年債利回りは5bp下げて1.73%。昨年11月10日以来の低 水準となる1.72%まで低下する場面もあった。

◎英国債券市場

5日の英国債相場は上昇。10年債利回りは3週間ぶりの水準に 低下した。欧州債務危機が拡大するとの懸念でスペインやイタリアの 国債が値下がりしたことが影響した。

10年債は約2週間で最大の値上がり。この日発表された2月の 英製造業生産指数は予想に反して低下。安全資産を求める動きが強ま った。また、イングランド銀行(英中央銀行)はこの日の金融政策委 員会(MPC)で、資産買い取りプログラムの規模を3250億ポン ドに維持するとともに、政策金利を0.5%で据え置いた。いずれも 予想通りだった。

ロイズ・バンク・コーポレート・マーケッツ(ロンドン)の金利 ストラテジスト、バトサラ・ダッタ氏は「昨日のスペイン国債入札と ユーロ圏危機の懸念再燃で中核国の債券が支えられている」と述べ、 「製造業生産は弱い数字で、それも英国債相場を支えた」と付け加え た。

ロンドン時間午後4時23分現在、英10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.16%。一時 は2.13%と、3月13日以来の低水準となった。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)の価格は0.5上げて116.345。

英政府統計局(ONS)が5日発表した2月の製造業生産指数は 前月比1%低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミ スト24人の調査では中央値で0.1%上昇が見込まれていた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 大塚 美佳 Mika Otsuka +1-212-617-5823 motsuka3@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE