スペイン国債入札:25.9億ユーロ発行-目標上限35億ユーロ

スペイン政府は4日の入札で、国債 約26億ユーロ(約2800億円)相当を発行。発行高は目標レンジ(25億 -35億ユーロ)の下限付近となった。借り入れコストも上昇。欧州中央 銀行(ECB)による緊急流動性措置の効果が薄れつつあることがうか がわれる。

2015年1月償還債の平均落札利回りは2.89%と、3月15日入札時 の2.44%を上回った。16年10月償還債は4.319%(3月1日は3.376%) に上昇。20年10月償還債の利回りは5.338%となった。スペイン銀行 (中央銀行)が明らかにした。

ECBが2回にわたり3年物資金オペ(LTRO)で銀行システム に供給した1兆ユーロ余りが、スペインの調達コストを抑えるのに役立 ってきた。ECBのドラギ総裁がLTROについて発表した昨年12月8 日以後、利回りは最大で95ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%) 下がった。スペインの銀行の自国国債保有高は1月に2200億ユーロと、 昨年11月の1780億ユーロから増えていた。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、ピーター・チ ャットウェル氏(ロンドン在勤)は電話インタビューで、「現実に引き 戻された。LTROの効果は使い果たされ、スペイン債の需要は今や、 価格設定に大いに左右される」と指摘した。

スペイン経済・財務省は電子メールで声明を配布。12年の債券発行 計画の47%は完了したとし、「流動性は十分で、市場に無理強いする必 要がない」と説明した。

しかし、ロンドンのスピロ・ソブリン・ストラテジーのマネジング ディレクター、ニコラス・スピロ氏は電子メールで、「この日の入札が スペインにとって流れが変わる前触れであることはほぼ確実だ」と指摘 している。

15年償還債の応札倍率は2.41倍と、3月入札時の4.96倍を下回っ た。16年償還債は2.46倍(3月1日は2.59倍)。20年償還債は2.96倍だ った。

スペインの2012年予算案によると、今年の債務は国内総生産 (GDP)の79.8%に達する。政府は30年で最大の歳出削減を目指して いる。ラホイ首相はこの日、スペインの状況は「極度に困難」と発言し た。

原題:Spain Sells Near Minimum at Bond Sale as Funding Costs Rise (2)(抜粋) 原題:Rajoy Says Spain in ‘Extreme Difficulty’ as Bond Demand Drops(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE