SF連銀総裁:景気回復押し上げで力強い刺激策の継続が必要

米サンフランシスコ連銀のウィリア ムズ総裁は3日、米国の景気を押し上げ、労働市場の改善を持続するた めには連邦準備制度理事会(FRB)が精力的な行動を継続する必要が あるとの認識を明らかにした。

同総裁はサンディエゴでの講演で、「われわれは最大限の雇用には 遠く及ばず、当分の間そのような状態が続く公算が大きい」と述べ、 「こうした状況では、力強い金融刺激策の継続が不可欠だ。景気回復ペ ースは緩慢だ」と指摘した。

総裁は「残念ながら、私が予想する緩やかな経済成長」によっては 雇用市場の「そのような急速な改善を支えられないだろう」と分析。金 融政策の引き締めを開始する時期は「まだかなり先になる」と語った。

今年の米成長率については2.5%、来年は2.75%と予測。失業率は 今年末時点で8%前後となり、2014年末に約7%となる公算が大きいと 予想した。

原題:Fed’s Williams Sees Need for ‘Strong’ Stimulus to Boost Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE