FOMC議事録:景気の勢い衰えなければ追加緩和の必要ない

米連邦準備制度理事会(FRB)が 3日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、3月13日開催)の議事録 によると、金融当局は、景気拡大の勢いが衰えたりインフレ率が目標の 2%を下回る状況が続かない限り、追加緩和に踏み切らない見通しだ。

議事録では、「数人のメンバーは、景気が勢いを失うか、インフレ 率が2%を下回る状況が続きそうな場合は、追加の刺激策の実施が必要 になり得ると指摘した」と記された。1月の会合では一部メンバーは、 現在の経済情勢が「近い将来」の追加の証券購入実施を正当化し得ると していた。今回の議事録では、追加刺激策の緊急性が低下したことを示 している。

FOMCメンバーはまた、少なくとも2014年遅くまで政策金利をゼ ロ%付近で維持するとの方針を修正することになるような経済情勢につ いても話し合った。議事録では、政策金利に関するこの方針は経済情勢 の条件付きであり、「メンバーは声明で記された維持期間は、経済見通 しの大幅な変化に応じて変更されるということで意見が一致した」と説 明した。

その上で、「多数」のメンバーは方針を変更させるような条件が整 っているとは感じていないとし、「最近の雇用関連の指標は明るいもの の、時間の経過とともに雇用の改善が弱まる無視できないリスクがあ る」と続けた。

経済情勢

また3月の会合では、今後数年のうちに見通しを引き上げる必要性 が生じるほど経済は力強く成長していないとの認識が示された。

議事録では「大半のメンバーは、最近の経済・金融関連の情報につ いて、13年と14年の見通しの大きな変更を示唆しているとは解釈しなか った」と指摘した。

メンバーはまた、経済見通しの変化がどのように金融政策決定に影 響するかについて、国民によりうまく説明するために取り得る追加の手 段についても話し合った。

議事録では、「幾人かのメンバーは、今後の会合で景気に関するい くつかの代替シナリオや、それぞれのシナリオの下で適切と考えられる 金融政策対応について議論するのは有益となり得ると指摘した」と記さ れた。

原題:Fed Signals No Need to Ease More Unless U.S. Growth Falters (3)(抜粋)

--取材協力:Craig Torres.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE