3月の米自動車販売:GMは予想下回る、クライスラー好調

更新日時

自動車メーカー各社が発表した3月 の米自動車販売統計によると、業界全体の販売台数は前年同月比で13% 増加した。1-3月は四半期ベースでは2008年以来の好調な拡大となっ た。これまで買い控えていた消費者が、より燃料効率の良いモデルを求 めて購入に動いたことが背景。

米自動車業界分析会社オートデータによると、3月の業界全体の米 自動車販売台数は季節調整済み年率換算で1440万台と、前年同月の1310 万台から大幅に増加した。ただし米ゼネラル・モーターズ(GM)とホ ンダがアナリスト予想を下回り、業界全体の数字はブルームバーグがま とめたアナリスト16人の予想平均1450万台には届かなかった。

自動車価格情報サイト、米トゥルーカー・ドット・コムのアナリス ト、ジェシー・トプラック氏は電話インタビューで、「これまで見られ た自動車業界の復調は今後も続きそうだ」とし、「年間を通してアップ ダウンはあるだろうが、健全な成長軌道に乗っている。第1四半期は市 場の予想を軽々と越えた」と述べた。

GMとフォード・モーターはアナリスト予想を下回った。一方で伊 フィアット傘下の米クライスラー・グループと日産自動車は予想を上回 る増加を示した。GMは「ビュイック」が16%減となったほか、「キャ デラック」の不振も響いた。

日産は予想を上回る

GMの販売台数は前年同月比12%増の23万1052台。フォードは5% 増の22万2884台だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト10人の予 想平均はGMが19%増、フォードは5.5%増で、両社とも予想を下回っ た。これに対しクライスラーの販売台数は34%増の16万3381台、日産 は13%増の13万6317台と予想を上回った。アナリスト10人の予想平均は クライスラーが31%増だった。日産の販売台数はアナリスト7人の予想 平均で11%増が見込まれていた。

自動車業界コンサルティング会社ボーム・アンド・アソシエーツの プリンシパル、アラン・ボーム氏は電話インタビューで、「GMはキャ デラックに問題を抱えているが、年内に発売される『ATS』と 『XTS』が解決につながる。ビュイックはまだ道半ばだ」と語った。

2011年末から無鉛ガソリンの平均価格が20%上昇したにもかかわら ず、雇用の拡大や、リセッション(景気後退)中の買い控えの反動で、 四半期ベースの販売台数は4年ぶりの堅調なペースで増加した。

トヨタ自動車は15%増と、アナリスト7人の予想平均に一致した。 ホンダは予想に反して5%減。アナリスト7人の予想平均は5.3%増だ った。ホンダの広報担当者セージ・マリー氏によれば、同社の今年1- 3月期の販売台数は32万165台だった。日産の同期間の販売台数は32 万2361台。

トヨタが電子メールで明らかにしたところでは、プリウスはハッチ バックを含む4モデルの「プリウスファミリー」の米販売台数が3月に 過去最高の2万8711台に達した。

フォルクスワーゲン(VW)は30%増の4万8173台。アナリスト3 人による予想平均の35%増を下回った。

原題:U.S. Auto Sales 13% Gain in March Caps Best Quarter Since 2008(抜粋)

原題:GM Sales Rise Less Than Estimates as Chrysler, Nissan Beat (1)(抜粋)

--取材協力:Tim Higgins、Keith Naughton、Alan Ohnsman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE