世界の投資銀行の手数料収入、1-3月も減少-3四半期連続

世界の投資銀行の手数料収入は1- 3月(第1四半期)も減少した。2008年以来で最長となる3四半期連続 の減収となった。

ニューヨークの調査会社、フリーマンの概算によると、合併や株 式・債券発行、融資のアレンジによる手数料収入は1-3月に193 億9000万ドル(約1兆5900億円)と、前年同期の224億3000万ドルから 減少した。欧州・中東・アフリカでの19%減少が響いた。同地域での収 入は49億1000万ドルと04年第1四半期以来で最低だった。

インディペンデント・リサーチ(フランクフルト)の銀行アナリス ト、シュテファン・ボンガルト氏は「第1四半期が底のはずだ」とし て、「欧州でのセンチメントは改善したし、今後に発生する案件も増え つつある。第3、4四半期までには受け取り手数料も増え始めるだろ う」と述べた。

第1四半期は欧州・中東・アフリカでの案件が減少した。フリーマ ンによると、M&A(企業の合併・買収)助言手数料は前年同期比35% 減の15億7000万ドル、シンジケートローンによる収入は30%減の7 億4800万ドルだった。

原題:Global Investment Bank Fees Fall for Third Consecutive Quarter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE