米大統領選の結果に絡んだデリバティブ認めず-CFTC

米商品先物取引委員会(CFTC) は、シカゴのデリバティブ(金融派生商品)電子取引会社ノースアメリ カン・デリバティブ・エクスチェンジ(NADEX)が申請していた今 年の米大統領・連邦議会選挙結果に絡んだデリバティブ取引認可を却下 した。こうした商品は賭博要素を持ち、公共の利益を害すると判断し た。

CFTCは2日、NADEXに選挙結果に関連したデリバティブを 禁じると発表した。NADEXは、上下両院やホワイトハウスの主導権 が民主党、共和党のどちらが握るかなどを対象とするデリバティブ取引 を計画していた。

NADEXのティム・マクダーモット法務顧問は電子メールで、 「こうした商品は全ての法的かつ規制上の基準を満たしていると強く感 じている。十分規制された取引所でこうした商品が取引されることで一 般国民が恩恵を受けるはずだ」とコメントした。

NADEXによれば、CFTCがすでにアイオワ・エレクトロニッ ク・マーケットで取引することを認可している政治的イベントに絡んだ デリバティブは選挙結果の正確な予想を提供している。同デリバティブ はアイオワ大学の学術的プロジェクト。

原題:CFTC Bars White House Election Derivatives as Gambling Contracts(抜粋)

--取材協力:Anthony Gnoffo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE