アジア株:3日続伸-ISM製造業や中国非製造業PMI好感

3日午前のアジア株式相場は、3営 業日続伸。米供給管理協会(ISM)が発表した3月の製造業景況指数 が市場予想を上回る伸びとなったことや、中国の3月の非製造業購買担 当者指数(PMI)上昇で、世界経済への信頼感が高まった。

売り上げの約半分を米州に依存するサーフウエアメーカー、豪ビラ ボン・インターナショナルはシドニー市場で0.9%高。チャイナ・モバ イル(中国移動)も上昇。ホンダなど日本の輸出関連株は軟調。円が対 ドルで約3週間ぶり高値となり、業績見通しが悪化した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時25分現在、前日 比0.3%高の127.55。

みずほ信託銀行の浅岡均シニアストラテジストは、米ISM製造業 指数から判断すると、米企業の業績見通しは力強い内需を背景に改善す る可能性があると述べた。

原題:Asian Stocks Advance as U.S., China Reports Bolster Confidence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE