JPモルガンとゴールドマン勝者か-格下げで変わる勢力地図

米銀モルガン・スタンレーやスイ スのUBSなどの銀行は、格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・ サービスによって過去最も低い水準まで格下げされる可能性があり、ウ ォール街(米金融街)の勢力バランスが大幅に塗り替えられる恐れがあ る。

ムーディーズは2月15日、モルガン・スタンレーとUBSの格付け を3段階引き下げ、シティグループとバンク・オブ・アメリカ (BOA)もモルガン・スタンレーとともにジャンク級(投機的格付 け)をわずか2段階上回る「Baa2」に格下げする可能性があると発 表した。

格下げは資金調達と担保のコスト上昇を招き、最も低く格付けされ た金融機関は、店頭デリバティブ(金融派生商品)の望ましい取引相手 と見なされなくなるとアナリストや経営幹部らは警告する。

一方、JPモルガン・チェースとドイツ銀行は、ムーディーズが最 も大幅な格下げを実行した場合、世界の投資銀行上位9行で格付けが最 も高くなり、さらに多くのビジネスに恵まれることが予想される。欧州 債務危機の世界的な感染拡大の不安に投資家が対処せざるを得ない中 で、両行は債券トレーディングで既に最大のシェアを握り、昨年最もシ ェアを伸ばした。

広がる格差

サンフォード・C・ バーンスティーンのアナリスト、ブラッド・ ヒンツ氏は「比較的強い格付けを維持すると予想されるJPモルガンと ゴールドマン・サックス・グループが勝者だ。その一方で、シティと BOA、モルガン・スタンレーが敗者となろう。格下げはデリバティブ の取引相手としてその金融機関を受け入れる市場参加者の意欲を損な う。債券で最も利幅の高いビジネスの一つがデリバティブだ」と指摘す る。

ムーディーズが現在、格付けの見直しを行っている17行に対して2 月に言及した最大限の格下げを実施した場合、世界の投資銀行の最上位 層と最下位層との格差が拡大する。JPモルガンとドイツ銀行、クレデ ィ・スイス・グループがジャンク級を5段階上回る「A2」、ゴールド マンとバークレイズ、UBSがそれよりも一段階低い「A3」と見込ま れるのに対し、モルガン・スタンレーとシティ、BOAはトップグルー プを3段階下回ることになり、JPモルガンとモルガン・スタンレーの 差は過去最も大きくなる。

事情に詳しい関係者2人が格付け会社との協議の非公開を理由に匿 名で語ったところでは、金融機関はムーディーズが5月になるまでは格 付け変更を行わないと考えている。同社は可能性を示唆している格下げ の一部ないし全てを実行しないこともあり得る。

安全な取引先

ムーディーズの格下げが、市場のシェアを拡大する銀行とそれを失 う銀行との差別化を加速させる可能性もある。オッペンハイマーのアナ リスト、クリス・コトウスキ氏がまとめたデータによれば、投資銀行上 位9行の中で、昨年のトレーディング収入が2006年を上回ったのは、ジ ェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO、56)率いるJPモルガン だけであり、BOAはトレーディング収入が最も減少した。コトウスキ 氏の06年の数字には、後に他行に買収されるベアー・スターンズやメリ ルリンチの収入も含まれている。

JPモルガンの投資銀行部門のジェス・ステーリーCEOは2月の プレゼンテーションで、最も健全な取引相手の一つという評価によって 同行が顧客を増やしていると説明。「われわれが安全な取引先だという 理由で金融危機に伴う顧客フランチャイズの著しいシフトが起こった」 と述べた。シティのキース・ホロウィッツ氏を含むアナリストらは、長 期のデリバティブ取引などが銀行間の格付け格差の影響を受ける公算が 最も大きいと分析している。

原題:JPMorgan Lead Over Morgan Stanley Seen Widening on Ratings Cuts(抜粋)

--取材協力:Ambereen Choudhury、Donal Griffin、Bradley Keoun.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE