独Qセルズが上場来安値、法的整理へ-フランクフルト市場

かつて世界最大の太陽電池メーカー だったドイツのQセルズの株価が2日、フランクフルト市場で上場来安 値を記録した。同社はこの日、法的整理の手続きを3日にも申請する方 針を明らかにした。

同社の株価は前週末比41%安の0.13ユーロで終了。2005年10月に新 規株式公開(IPO)を行った際の価格は38ユーロだった。

ドイツ政府が太陽電池向けの補助金を削減し、業界が過剰生産能力 に対応する中、債務再編に取り組む同社の株価は年初から77%値下がり した。同業のソーラーワールドやコナジーも、生産能力を増強したサン テック・パワー・ホールディングスを中心とする中国勢との競争に苦 戦。中国企業の増産に伴い太陽光パネルは供給過剰状態が生じている。

Qセルズは発表文で、「債務再編の実行に向けて複数の選択肢を検 討したが、当社があまりにも多くの法的リスクに直面していることを経 営陣は理解した」と説明し、法的整理に入る方針を示した。

原題:Q-Cells Falls to Record as Insolvency Planned: Frankfurt Mover(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE