ミネアポリス連銀総裁:今年のインフレ率を2%前後と予想

米ミネアポリス連銀のコチャラコタ 総裁は31日、景気刺激を目的とした連邦準備制度理事会(FRB)の国 債購入について、「米経済にいかなるインフレ圧力も創出していない」 と指摘、FRBにはバランスシートに伴うリスクを緩和する多くの手段 があると述べた。イリノイ州での講演後に聴衆からの質問に答えた。

同総裁はまた、今年のインフレ率が2%前後になると予想。連邦公 開市場委員会(FOMC)が物価が「十分に抑制」されると予想してい ると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE