オバマ米大統領:イラン制裁実施できる十分な石油供給ある

オバマ米大統領はイランの核開発を めぐる制裁強化の一環として、イラン産原油を輸入している国の銀行に 対する制裁発動に道を開く見解を示した。

ホワイトハウスが発表したメモによると、大統領は世界の石油供給 は十分で、イランの石油輸出による収入を断つことを狙った制裁措置を 実施することはできるとの認識を示した。

オバマ大統領はメモの中で「イラン以外の国々からの石油および石 油製品の供給は十分あり、イランから直接、あるいは海外の金融機関を 通して購入する石油、石油製品の量を大幅に削減することは許容され る」と述べている。

大統領が昨年12月31日に署名した法律は、イラン中央銀行経由で石 油売買代金の決済を行ういかなる国の銀行も、イラン産石油の輸入を大 幅に削減しない限り米国の金融システムから排除することを求めてい る。ただし、6月28日までに輸入削減措置を講じれば制裁対象とはなら ない。

原題:Obama Clears Way for Sanctions on Banks in Iran Oil Trade (3)(抜粋)

--取材協力:Indira A.R. Lakshmanan、Joe Sobczyk、Margaret Talev.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE