3月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロ上昇、欧州が救済基金で合意-円は下落

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対して上昇。ユ ーロ圏財務相会合で危機拡大防止ファイアウオール(防火壁)の強化 で合意に至ったことから、域内財政問題が軽減されるとの見方が広が った。

ドルは主要通貨の大半に対して下落。株式や商品相場の値上がりを 背景に高利回り資産を買う動きが活発になった。円は対ドルで下げに転 じた。日本企業による年度末のレパトリエーション(自国への資金回 帰)が見込まれるなか、東京時間では一時3週間ぶりの高値を付ける場 面もあった。スウェーデン・クローナは上昇し週間ベースでの上げ幅を 拡大。同国中央銀行による利下げの観測が後退した。

ウェルズ・ファーゴの主任為替ストラテジスト、ニック・ベネンブ ローク氏(ニューヨーク在勤)は「救済融資の上限で合意されたことは センチメントを支える一因になったほか、ユーロを支えた」と指摘。 「ユーロはほぼ全般的に買われている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%高 の1ユーロ=1.3343ドル。四半期ベースでは3%の値上がり。ユーロは 対円で0.8%高の1ユーロ=110円56銭。四半期では11%上昇と、2000年 第4四半期以来の大幅高。円は対ドルで0.5%安の1ドル=82円87銭。 東京時間には一時81円83銭と9日以来の高値を付けた。

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指数によ ると、ニュージーランド・ドルは年初来3.1%高と値上がり率トップと なっている。ドルは2.7%安、円は10.4%の下落。

ファイアウォール

ユーロ圏財務相会合では、救済融資の総額を実施分・決定分含め最 大で8000億ユーロ(約88兆円)に制限することで合意した。危機拡大防 止ファイアウオールの一段の拡大にはドイツを中心としたメンバーが反 対した。

既に融資先が決定している約3000億ユーロと、恒久的な救済基金で 新規発足する欧州安定化メカニズム(ESM)の5000億ユーロを合算す ることで、ファイアウオール全体の高さは8000億ユーロとなる。会合後 の声明によると、財務相らは暫定基金の欧州金融安定ファシリティー (EFSF)の中の未使用資金2400億ユーロをESMの5000億ユーロに 加えて新規融資に使う案は排除した。

ヘッセン・テューリンゲン州立銀行(ヘラバ)のフロアリサーチ責 任者、ラルフ・ウムラウフ氏(フランクフルト在勤)は投資家向けリポ ートで、「テクニカル上、ユーロは有利だ」と指摘。ユーロは1.3275 -1.43ドルのレンジでの取引になると予想した。その次の上値抵抗線は 2月24日に付けた1.3487ドル付近。

「期末のフロー」

3月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は76.2と、前月の75.3から上昇した。ただ、今回の景気回復過程 で最高を記録していた昨年2月(77.5)をなお1.3ポイント下回ってい る。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は74.5だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.3%下げて78.949と、今月1日以来の低水準を付けた。

日本の企業による年度末の円買いが意識され、円は上昇する場面も あった。BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏(ニ ューヨーク在勤)は「円の動きに関する主な背景は期末のフローだ」と 指摘。「ドルは82円50銭の水準を上抜けてきており、次の抵抗線は83円 になるが、週末に中国の製造業の指標が発表されるまではこのレンジに とどまる可能性が高い」と述べた。

Euro Rises as EU Ministers Boost Crisis Firewall; Krona Gains

◎米国株:上昇、経済指標好調で景気への楽観強まる

米株式相場は上昇。消費者マインド指数や個人消費支出が市場予 想を上回ったことで、景気に対する楽観が強まった。S&P500種株 価指数は、1-3月(第1四半期)としては1998年以来の大幅高と なった。

油田サービスのハリバートンや化学品のダウ・ケミカルなど商品関 連株が高い。ウォルト・ディズニーは、ラザードが投資判断を引き上げ たことを好感して上昇。アップルは値下がりした。

S&P500種株価指数は0.4%高の1408.47。昨年末からは12%上昇 となった。ダウ工業株30種平均はこの日66.22ドル(0.5%)上げ て13212.04ドル。

JPモルガン・ファンズのチーフ市場ストラテジスト、デービッ ド・ケリー氏は「これまで大きく上げてきたからといって、株式を避け る理由はどこにもない」と指摘。「欧州に端を発した世界的な金融危機 への懸念は薄れてきている。バリュエーションと経済成長の可能性を考 えると、相場には向こう数年間は上昇する余地があることが分かる」と 続けた。

S&P500種が10月に昨年の安値を付けて以降、米国株は時価総額 にして3兆6000億ドル余りを回復。10月3日以降、同指数は28%上昇し た。株価収益率(PER、実績ベース)は14.6倍で、7月以来の高水準 となっている。

月間での上昇

S&P500種は今月は3.1%高となり、これで4カ月連続での上昇と なった。ダウ平均は2%上昇で、6カ月連続高。両指数とも、月間ベー スでは2009年以降で最長の連続上昇。

この日発表された2月の米個人消費支出(PCE)は前月比0.8% 増と、7カ月ぶりの大幅な伸びとなった。3月のトムソン・ロイター/ ミシガン大学消費者マインド指数(確定値)は76.2と、前月の75.3から 上昇した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中 央値は74.5だった。

ユーロ圏の財務相らは、域内財政難国への新規の救済融資の上限 を5000億ユーロに設定。危機拡大防止ファイアウオール(防火壁)の一 段の拡大にはドイツを中心としたメンバーが反対した。

エネルギーやヘルスケアが高い

S&P500種の業種別10指数では9指数が上昇。特にエネルギーと ヘルスケア、生活必需品関連の上げが目立った。ダウ平均では30銘柄 中27銘柄が上げた。

商品24銘柄で構成するS&PのGSCI指数は0.7%高。ハリバー トンは1.3%上昇の33.19ドル。ダウ・ケミカルは1.4%上げて34.64ド ル。

ディズニーは1.8%高の43.78ドルと、ダウ平均銘柄で値上がり率ト ップ。ラザードはディズニー株の投資判断をニュートラル(中立)から 買いに引き上げた。

アップルは1.7%安の599.55ドル。米非営利団体、公正労働協会 (FLA)は30日、台湾系の富士康科技集団(フォックスコン)を調査 した結果、中国の労働法に照らして重大な違反があり、同社が労働時間 の短縮などを約束したと発表した。

U.S. Stocks Rise as S&P 500 Posts Best First Quarter Sinc 1998

◎米国債:下落、四半期は10年来最大の下げ-景気回復兆候で

30日の米国債相場は下落。四半期ベースでは2010年第4四半期 以来で最も下げがきつかった。一方、社債は米経済の回復兆候を背景に 上昇した。

30年債利回りは上昇。個人消費や消費者マインド指数の伸びを受け て、高利回り資産に買いが集まった。バンク・オブ・アメリカ・メリル リンチのデータによると、昨年末から前日までの米国債のリターンはマ イナス1%。投資適格級と投機的等級の社債のリターンは3.2% と、2010年7-9月以降で最高だった。

バークレイズの金利戦略共同責任者、マイケル・ポンド氏は 「現 在よりも一段と高い水準で持続的な経済成長が望めない限り、当面は米 国債を継続的に売るのは難しいだろう。ここでの高成長とは3%かそれ 以上だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、午後5時5分現 在、30年債利回りは6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 して3.34%。一時は13日以来の水準となる3.25%まで低下する場面もあ った。四半期ベースでは44bp上昇した。同年債価格(表面利 率3.125%、2042年2月償還)は1 5/32下落して96 1/32。

10年債利回りは5bp上昇の2.21%。利回りは四半期ベースで33 bp上昇した。今月20日には2.40%と、昨年10月28日以来の高水準を記 録した。

RWプレスプリッチの政府・機関債取引担当マネジングディレクタ ー、ラリー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「長期債が大幅 に売られていると聞く。30年債を売って5年債を買い入れている」と述 べ上で、「これは短期的な取引でしかない」と続けた。

ツイストオペの予定

連邦準備制度は、4月に長期債約440億ドルを購入し、約430億ドル の短期債を売却する予定を明らかにした。これは米金融当局が借り入れ コストを抑制するために実施しているオペレーション・ツイスト(ツイ ストオペ)の一環だ。米金融当局はこの日、償還期限2036年2月か ら2041年8月までの国債20億9000万ドルを購入した。

米金融当局は2008年12月から2011年6月まで2度にわたる量的緩和 で2兆3000億ドルの債券を購入した。

2月の米個人消費

米商務省が発表した2月の個人消費支出(PCE)は前月比0.8% 増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想は0.6%増だった。個 人所得は前月比0.2%増。予想は0.4%増だった。貯蓄率は約2年ぶりの 低水準に落ち込んだ。

3月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は76.2と、前月の75.3から上昇した。速報値は74.3だった。ブル ームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は74.5。

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントのジム・オニー ル会長は、「米国は少なくとも向こう数カ月間は何とか持ち応えられ る」と述べた。

ブルームバーグ・ニュースが金融機関を対象にまとめた予想平均に よると、10年債利回りは年末までに2.54%に上昇する。

フィラデルフィア連銀のプロッサー総裁は、2014年末より以前に利 上げが必要となる可能性を指摘し、景気の足取りが強まる兆候が出てい ることから追加緩和は必要ないとの見解を示した。

プロッサー総裁は29日、デラウェア州ウィルミントンで講演、「追 加緩和を期待すべきではない」と述べ、「回復の妨げとなるようなショ ックも発生しておらず、恐らく14年末までに利上げが必要となるだろ う」と続けた。

Treasuries Fall on Outlook in Worst Quarterly Drop Since 2010

◎NY金:反発、ドルが対ユーロで下落-四半期ベースでも上昇

ニューヨーク金先物相場は反発。ドルが下落したことで、代替投資 先としての金の需要が高まった。金は四半期ベースでも値上がりした。

ドルは主要通貨のバスケットに対して4週間ぶりの安値となった。 ユーロ圏財務相会合は域内財政難国への救済融資上限で合意した。商 品24銘柄で構成するS&PのGSCIスポット指数は一時1.2%値上 がりした。

商品ブローカー、インフィニティ・トレーディング(オレゴン州メ ドフォード)のフェイン・シェーファー社長は電話インタビューで、 「リスク選好の動きが復活し、金を含む商品に買いが集まっている」と 指摘。「ドルの下落はいつも支えになる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1%高の1オンス=1671.90ドルで終了した。1-3月 は6.7%の値上がり。

Gold Rises, Caps Quarterly Gain, as Dollar Drops Against Euro

◎NY原油先物:反発、米経済指標の改善やイラン制裁観測で

ニューヨーク原油先物相場は反発。米消費者の信頼感と支出を示す 指標が改善し、買いが入った。イランへの新たな経済制裁について、オ バマ米大統領が肯定的な見解を示したこ とも支援材料。四半期ベースでは2四半期連続の上昇となった。

3月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は上昇。2月の個人消費支出(PCE)は昨年7月以降で最大の 伸びとなった。オバマ大統領はイラン産原油を輸入する国の銀行に制裁 を科しても、世界には十分な供給があるとの見解を示した。この発言が 伝わると、原油はこの日の高値に上昇した。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「この日の経済統計はほとんどが買い材料とな った。指標は経済と需要の両方が強い伸びを示すことを示唆している」 と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比24セント(0.23%)高の1バレル=103.02ドルで終了した。1- 3月期全体では4.2%上昇。2011年10-12月期は25%高だった。

Oil Caps Quarterly Gain on U.S. Economic Data, Move on Sanctions

◎欧州株:上昇、ユーロ圏財務相が救済融資の上限で合意

30日の欧州株式相場は上昇。ユーロ圏財務相会合が域内財政難国 への救済融資の上限を8000億ユーロとすることで合意し、買い安心 感が広がった。ストックス欧州600指数は、1-3月(第1四半期) としては2006年以降で最大の上げとなった。

ポルトガル最大の高速道路運営会社、ブリザ・アウト・エストラ ダス・デ・ポルトガルが14%高と急伸。出資比率が合計で50%に達 する株主が残りの株式取得を提案した。ドイツ自動車大手のダイムラ ーも上昇。同銘柄の買いをバンク・オブ・アメリカ(BOA)が投資 家に勧めたことがきっかけ。独ハイデルベルクセメントは4.3%高。 HSBCホールディングスによる投資判断引き上げが好感された。

ストックス欧州600指数は前日比1%高の263.32で終了。週 間では0.9%安となった。年初からは7.7%上昇している。

UBSのエコノミスト兼資産配分ストラテジスト、ラリー・ハサ ウェー氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「米国の 景気回復は持続可能なものになっている」と指摘。「欧州はなおも痛 みを抱えているが、欧州北部は成長という面では依然として力強い地 域の一つだ」と続けた。

この日の西欧市場ではギリシャを除く17カ国で主要株価指数が 上昇した。

European Stocks Rise as Ministers Agree on Rescue-Fund Ceiling

◎欧州債:スペイン債とイタリアが上昇-ファイアウオール強化合意で

30日の欧州債市場では、スペインとイタリアを中心に高債務国の 国債相場が上昇。ユーロ圏財務相会合が域内債務危機封じ込めでファ イアウオール(防火壁)強化に合意したことが好感された。

ファイアウオールの上限は、ギリシャやアイルランド、ポルトガ ル向けに既に決まっている融資を含め8000億ユーロに決まった。こ れを受けてイタリア2年債は上昇し、四半期ベースの上げ幅を拡大。 スペイン債は1週間ぶり大幅高となった。同国予算が閣議で承認され たことも支援材料。ドイツ10年債は小動きだった。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・ グレアムテーラー氏(ロンドン在勤)は「短期的なイベントリスクが 過ぎ去り、スペインとイタリアの債券を支えている」と指摘。「ファ イアウオールの規模でユーロ圏の財務相らが合意したのは、リスクテ ーク意欲にはプラスの要因だ。スペインの予算もほぼ予想通りだった」 と語った。

スペイン10年債利回りはロンドン時間午後4時42分現在、前 日比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.35%。 今月23日以来最大の下げとなった。同国債(表面利率5.85%、 2022年1月償還)の価格は0.935上げて103.815。

イタリア10年債利回りは9bp低下の5.12%。昨年末は

7.11%だった。2年債利回りは8bp低下の2.9%。

ドイツ10年債利回りは1bp低下の1.8%。13日以来の水準 となる1.79%まで下げる場面もあった。

Spanish, Italian Bonds Gain as Ministers Increase Bailout Fund

◎英国債:ほぼ変わらず、週べ―スは値上がり-消費者信頼感の悪化で

30日の英国債相場はほぼ変わらず。週間ベースでは2週連続で値 上がりした。この日発表された英消費者信頼感が予想外に悪化し、債 券投資への意欲を高めた。

英調査会社GfK・NOPが発表した3月の消費者信頼感指数は マイナス31と、前月のマイナス29から低下。景気回復がもたつい ているとの懸念をあおった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト19人の予想中央値では、変わらずが見込まれていた。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「経済に活気が見られ、 リスクテーク意欲が改善されるようになるまで、英国債相場は引き続 き支えられるだろう。経済活動はかなり低迷している」と述べた。

ロンドン時間午後4時48分現在、10年債の利回りは前日比ほぼ 変わらずの2.2%。年初来の上げ幅は17bpに縮まった。同国債 (表面利率4%、2022年3月償還)の価格は115.97。

Gilts Extend Second Weekly Gain as Consumer Confidence Declines

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 西前 明子 Akiko Nishimae +1-212-617-2601 anishimae3@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE