3月30日の欧州マーケットサマリー:株上昇、救済融資の上限で合意

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3335   1.3302
ドル/円             82.66    82.46
ユーロ/円          110.22   109.68


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  263.32     +2.58    +1.0%
英FT100     5,768.45   +26.42     +.5%
独DAX      6,946.83   +71.68    +1.0%
仏CAC40    3,423.81   +42.69    +1.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .21%        .00
独国債10年物     1.79%       -.01
英国債10年物     2.20%       +.00


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,662.50    +5.00     +.30%
原油 北海ブレント        122.92      +.53     +.43%

◎欧州株式市場

30日の欧州株式相場は上昇。ユーロ圏財務相会合が域内財政難国 への救済融資の上限を8000億ユーロとすることで合意し、買い安心 感が広がった。ストックス欧州600指数は、1-3月(第1四半期) としては2006年以降で最大の上げとなった。

ポルトガル最大の高速道路運営会社、ブリザ・アウト・エストラ ダス・デ・ポルトガルが14%高と急伸。出資比率が合計で50%に達 する株主が残りの株式取得を提案した。ドイツ自動車大手のダイムラ ーも上昇。同銘柄の買いをバンク・オブ・アメリカ(BOA)が投資 家に勧めたことがきっかけ。独ハイデルベルクセメントは4.3%高。 HSBCホールディングスによる投資判断引き上げが好感された。

ストックス欧州600指数は前日比1%高の263.32で終了。週 間では0.9%安となった。年初からは7.7%上昇している。

UBSのエコノミスト兼資産配分ストラテジスト、ラリー・ハサ ウェー氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「米国の 景気回復は持続可能なものになっている」と指摘。「欧州はなおも痛 みを抱えているが、欧州北部は成長という面では依然として力強い地 域の一つだ」と続けた。

この日の西欧市場ではギリシャを除く17カ国で主要株価指数が 上昇した。

◎欧州債券市場

30日の欧州債市場では、スペインとイタリアを中心に高債務国の 国債相場が上昇。ユーロ圏財務相会合が域内債務危機封じ込めでファ イアウオール(防火壁)強化に合意したことが好感された。

ファイアウオールの上限は、ギリシャやアイルランド、ポルトガ ル向けに既に決まっている融資を含め8000億ユーロに決まった。こ れを受けてイタリア2年債は上昇し、四半期ベースの上げ幅を拡大。 スペイン債は1週間ぶり大幅高となった。同国予算が閣議で承認され たことも支援材料。ドイツ10年債は小動きだった。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・ グレアムテーラー氏(ロンドン在勤)は「短期的なイベントリスクが 過ぎ去り、スペインとイタリアの債券を支えている」と指摘。「ファ イアウオールの規模でユーロ圏の財務相らが合意したのは、リスクテ ーク意欲にはプラスの要因だ。スペインの予算もほぼ予想通りだった」 と語った。

スペイン10年債利回りはロンドン時間午後4時42分現在、前 日比12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の5.35%。 今月23日以来最大の下げとなった。同国債(表面利率5.85%、 2022年1月償還)の価格は0.935上げて103.815。

イタリア10年債利回りは9bp低下の5.12%。昨年末は

7.11%だった。2年債利回りは8bp低下の2.9%。

ドイツ10年債利回りは1bp低下の1.8%。13日以来の水準 となる1.79%まで下げる場面もあった。

◎英国債市場

30日の英国債相場はほぼ変わらず。週間ベースでは2週連続で値 上がりした。この日発表された英消費者信頼感が予想外に悪化し、債 券投資への意欲を高めた。

英調査会社GfK・NOPが発表した3月の消費者信頼感指数は マイナス31と、前月のマイナス29から低下。景気回復がもたつい ているとの懸念をあおった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエ コノミスト19人の予想中央値では、変わらずが見込まれていた。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「経済に活気が見られ、 リスクテーク意欲が改善されるようになるまで、英国債相場は引き続 き支えられるだろう。経済活動はかなり低迷している」と述べた。

ロンドン時間午後4時48分現在、10年債の利回りは前日比ほぼ 変わらずの2.2%。年初来の上げ幅は17bpに縮まった。同国債 (表面利率4%、2022年3月償還)の価格は115.97。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE