英国債:ほぼ変わらず、週べ―ス値上がり-消費者信頼感が悪化

30日の英国債相場はほぼ変わらず。 週間ベースでは2週連続で値上がりした。この日発表された英消費者信 頼感が予想外に悪化し、債券投資への意欲を高めた。

英調査会社GfK・NOPが発表した3月の消費者信頼感指数はマ イナス31と、前月のマイナス29から低下。景気回復がもたついていると の懸念をあおった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト19人の予想中央値では、変わらずが見込まれていた。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「経済に活気が見られ、リス クテーク意欲が改善されるようになるまで、英国債相場は引き続き支え られるだろう。経済活動はかなり低迷している」と述べた。

ロンドン時間午後4時48分現在、10年債の利回りは前日比ほぼ変わ らずの2.2%。年初来の上げ幅は17bpに縮まった。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)の価格は115.97。

原題:Gilts Extend Second Weekly Gain as Consumer Confidence Declines(抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE