バークレイズのロビンソン氏:米経済に強気、ドル相場改善へ

英バークレイズの外国為替調査グロ ーバル責任者、ポール・ロビンソン氏(ロンドン在勤)は、米経済につ いて「相対的に強気だ」と述べるとともに、ドル相場見通しに関しては 改善されつつあるとの見方を示した。

同氏は30日、シンガポールで記者団に対し、リスク資産について 「まずまず強気」で、世界経済への脅威はやや緩和されてきたと語っ た。ロビンソン氏を含む同社のストラテジストらは3月22日付のリポー トで、ドル相場について、今後3カ月間に対円で1ドル=88円、対ユー ロで1ユーロ=1.3ドルまで上昇しようとの見通しを示していた。

原題:Barclays Is ‘Relatively Bullish’ on U.S. Economy, Robinson Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE