中国は金融市場の多様化を、生産性向上で-米S&Pの周氏

中国は生産性を高める取り組みの一 環として、金融市場の多様化を一段と図るべきだ-。米格付け会社スタ ンダード・アンド・プアーズ(S&P)が30日、電子メールで送付した リポートで指摘した。

S&Pは中国の金融システムについて、高い経済効率を達成・維持 するための能力を「かなり下回る」水準だとし、同国の巨額の貯蓄は概 して低利回りの投資に回っていると分析。そうしたシステムを改善する ことで、中国は生産性の面で米国との格差を縮められる可能性があると 指摘した。

同社のマネジングディレクターで大中華圏責任者を務める周彬氏は 発表資料で、「中国がますます市場主導型となりつつある経済を支える 堅固な制度的枠組みを構築すれば、米国との差は縮まると考えている」 と説明。さらに、「資本配分の改善により、中国が『中所得国のわな』 や『日本型の不況』に陥るリスクは後退するだろう」と付け加えた。

原題:S&P Says China Can Boost Productivity by Diversifying Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE