ブラジル中銀:インフレ率、来年は目標達成できない-報告

ブラジル中央銀行は、政策金利を過 去最低水準の近くまで引き下げた後に利上げを再開しても、来年は同中 銀のインフレ率目標を達成できないとの見通しを示した。

同中銀は29日公表した四半期インフレ報告書で、エコノミストらの 予想通りに政策金利を年内に9%へ引き下げた後、2013年に10%へ引き 上げた場合、インフレ率は年末時点で目標の4.5%に鈍化するが、来年 には5.3%へ再び上昇するとの見通しを示した。

報告書では、中南米最大の規模を誇るブラジル経済を先進国の成長 鈍化から守るため、政策金利を過去最低の8.75%をやや上回る水準まで 引き下げる「可能性が高い」との見通しがあらためて示された。ブラジ ル政府は減税と利下げによって、今年の成長率を4.5%に押し上げよう としている。昨年の成長率は2.7%だった。

バンコ・ウェストLB・ド・ブラジルのチーフストラテジスト、ル シアノ・ロスターニョ氏は電話インタビューで、「自分なら追加利下げ は見送る」とした上で、「だが中銀は利下げを続けるだろう。中銀の見 解は短期的で、今年は景気を刺激しようとしている」と述べた。

ブラジル中銀は報告書で、今年の国内総生産(GDP)は前年 比3.5%増加すると予測した。

原題:Brazil to Miss Inflation Target in 2013 Even If Rates Go Up (3)(抜粋)

--取材協力:Andre Soliani.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE