丸紅:豪鉄鉱石鉱山へ出資へ、1280億円で12.5%権益取得

丸紅は30日、豪鉄鉱石鉱山のプロジ ェクトに15億豪ドル(約1282億円)を出資し、権益を12.5%取得すると 発表した。生産開始は2014年の予定で、生産量の2割を日本向けに供給 する。

発表資料によると、丸紅は韓国のポスコと投資会社STXグループ と共同で西オーストラリア州のロイ・ヒル・プロジェクトの権益を取得 することで豪資源会社ハンコック・プロスペクティングと合意した。ポ スコとSTXは15%と2.5%の権益をそれぞれ取得する。

鉄道や港湾などのインフラ整備も含めた同プロジェクトの開発費用 は95億豪ドル。年間生産能力は5500万トン。16年からのフル生産を見込 み、28年間の操業を予定している。

バークレイズ・キャピタル証券の森和久アナリストは今回の鉄鉱石 の権益取得による丸紅の業績への影響について、鉄鉱石価格が1トン当 たり90ドルなどを前提に「フル生産時には年間100億-150億円程度の純 利益への寄与が見込めそう」と試算している。29日の鉄鉱石スポット価 格は約148ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE