NY外為:ユーロ上昇、欧州が救済基金で合意-円は下落

更新日時

ニューヨーク外国為替市場では、ユ ーロがドルに対して上昇。ユーロ圏財務相会合で危機拡大防止ファイア ウオール(防火壁)の強化で合意に至ったことから、域内財政問題が軽 減されるとの見方が広がった。

ドルは主要通貨の大半に対して下落。株式や商品相場の値上がりを 背景に高利回り資産を買う動きが活発になった。円は対ドルで下げに転 じた。日本企業による年度末のレパトリエーション(自国への資金回 帰)が見込まれるなか、東京時間では一時3週間ぶりの高値を付ける場 面もあった。スウェーデン・クローナは上昇し週間ベースでの上げ幅を 拡大。同国中央銀行による利下げの観測が後退した。

ウェルズ・ファーゴの主任為替ストラテジスト、ニック・ベネンブ ローク氏(ニューヨーク在勤)は「救済融資の上限で合意されたことは センチメントを支える一因になったほか、ユーロを支えた」と指摘。 「ユーロはほぼ全般的に買われている」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.3%高 の1ユーロ=1.3343ドル。四半期ベースでは3%の値上がり。ユーロは 対円で0.8%高の1ユーロ=110円56銭。四半期では11%上昇と、2000年 第4四半期以来の大幅高。円は対ドルで0.5%安の1ドル=82円87銭。 東京時間には一時81円83銭と9日以来の高値を付けた。

先進10カ国の通貨で構成するブルームバーグ相関加重通貨指数によ ると、ニュージーランド・ドルは年初来3.1%高と値上がり率トップと なっている。ドルは2.7%安、円は10.4%の下落。

ファイアウォール

ユーロ圏財務相会合では、救済融資の総額を実施分・決定分含め最 大で8000億ユーロ(約88兆円)に制限することで合意した。危機拡大防 止ファイアウオールの一段の拡大にはドイツを中心としたメンバーが反 対した。

既に融資先が決定している約3000億ユーロと、恒久的な救済基金で 新規発足する欧州安定化メカニズム(ESM)の5000億ユーロを合算す ることで、ファイアウオール全体の高さは8000億ユーロとなる。会合後 の声明によると、財務相らは暫定基金の欧州金融安定ファシリティー (EFSF)の中の未使用資金2400億ユーロをESMの5000億ユーロに 加えて新規融資に使う案は排除した。

ヘッセン・テューリンゲン州立銀行(ヘラバ)のフロアリサーチ責 任者、ラルフ・ウムラウフ氏(フランクフルト在勤)は投資家向けリポ ートで、「テクニカル上、ユーロは有利だ」と指摘。ユーロは1.3275 -1.43ドルのレンジでの取引になると予想した。その次の上値抵抗線は 2月24日に付けた1.3487ドル付近。

「期末のフロー」

3月のトムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数(確 定値)は76.2と、前月の75.3から上昇した。ただ、今回の景気回復過程 で最高を記録していた昨年2月(77.5)をなお1.3ポイント下回ってい る。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は74.5だった。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は0.3%下げて78.949と、今月1日以来の低水準を付けた。

日本の企業による年度末の円買いが意識され、円は上昇する場面も あった。BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏(ニ ューヨーク在勤)は「円の動きに関する主な背景は期末のフローだ」と 指摘。「ドルは82円50銭の水準を上抜けてきており、次の抵抗線は83円 になるが、週末に中国の製造業の指標が発表されるまではこのレンジに とどまる可能性が高い」と述べた。

原題:Euro Rises as EU Ministers Boost Crisis Firewall; Krona Gains(抜粋)

--取材協力:Mariko Ishikawa、Austen Sherman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE