国際エネルギー機関:「行動の用意」、石油供給に支障出れば

国際エネルギー機関(IEA)は、 石油市場の動向を注視しており、深刻な供給障害が発生すれば備蓄放出 の用意があると明らかにした。IEAには28カ国が加盟している。

IEAのファンデルフーフェン事務局長は29日、パリで2日間にわ たって開いたエネルギー市場専門家との会合後、「石油市場はここ数カ 月、逼迫(ひっぱく)している。原油価格は再び非常に高く、ガソリン 価格は一部加盟国で過去最高水準に達している」とのコメントを電子メ ールで発表。「世界の景気回復が脆弱(ぜいじゃく)な状態にとどまっ ているなか、こうした価格高騰が及ぼす影響をIEAは懸念している」 と続けた。

同事務局長は「IEAは市場の動向を注視しており、加盟国と引き 続き緊密に連携して石油市場の状況について意見交換する方針だ」と表 明。「これまで何度も指摘してきたが、IEAは深刻な現物供給の混乱 に対応するために創設された。市場環境が正当化するならば、行動する 準備は引き続き整っている」と表明した。

原題:IEA Says It’s ‘Ready to Act’ If Oil Supplies Are Disrupted (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE