欧州債:スペイン債とイタリア債が下落-英国債は上昇

29日の欧州債市場ではスペイン債が 下落。イタリア2年債は2か月ぶり大幅安となった。スペインで労組が ゼネスト入りし、財政赤字とコスト削減を目指すユーロ圏の高債務国政 府の多難が浮き彫りとなった。

ドイツ10年債は3営業日続伸。ユーロ圏の景況感指数が低下し、安 全資産を求める動きが強まった。スペインのモントロ国庫相は30日 に2012年予算案を提示する。また、米格付け会社スタンダード・アン ド・プアーズ(S&P)のソブリン格付け責任者、モーリッツ・クレー マー氏は28日、ギリシャが再び債務再編を余儀なくされる可能性が高い との見方を示した。

ウェストLBの債券ストラテジスト、セルカン・エラスラン氏は 「スペインの経済状況は暗い。それが、この日のスペイン債とイタリア 債を動かした主な要因だ」と述べ、S&Pのギリシャに関する「警告」 も危機が拡大するとの懸念をあおったと付け加えた。

スペイン10年債利回りはロンドン時間午後4時49分現在、前日比13 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.46%。一時は18b p上げて5.50%と、21日以来の大幅上昇を示した。同国債(表面利 率5.85%、2022年1月償還)の価格は1.02下げて102.88。2年債利回り は13bp上昇の2.59%。

イタリア10年債利回りは10bp上昇の5.21%。2年債利回りは一 時、39bp上げて3.03%に達し、1月16日以来最大の上昇となった。そ の後は2.99%で推移している。同国はこの日実施した入札で、10年債32 億5000万ユーロを発行。落札利回りは5.24%と、2月28日の前回入札で の5.5%を下回った。

ドイツ10年債利回りは3bp低下の1.81%。今月13日以来の低水準 である1.80%まで下げる場面もあった。この日発表されたユーロ圏の3 月の景況感指数は市場予想に反して低下した。

英国債も安全資産需要で上げた。ロンドン時間午後4時22分現 在、10年債の利回りは1bp低下の2.2%。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)の価格は0.13上げ116.005。

原題:Spain Bonds Drop on Strike as Italy Yields Jump Most in 2 Months(抜粋) 原題:Pound Gains Most in Two Weeks Versus Euro on European Sentiment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE