SEC、値動き激しいクレディ・スイスETNを調査-関係者

米証券取引委員会(SEC)が、ベ ンチマークから大きく離れた値動きをしたクレディ・スイス・グループ の上場投資証券(ETN)について調査していることが、事情に詳しい 関係者の話で分かった。

このETNは、「ベロシティシェアズ・デーリー・2x・VIX・ ショートタームETN」。シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボ ラティリティ指数(VIX)に連動しつつ、その2倍のリターンを上げ ることを目指している。同ETNは、クレディ・スイスが2月に証券発 行を停止したことを受けて償還価額を約90%上回る水準に上昇したが、 発行再開を発表した先週は急落し、投資家の損失につながったとされ る。

同ETNの価格の乱高下は、証券の需給の乱れによるリスクを浮き 彫りにした。ETNを発行する銀行などは通常、投資家の売買によって 連動対象の株や債券、指数と価格がかい離した場合、証券の追加発行や 償却で調整する。クレディ・スイスの場合、ボラティリティ関連商品へ の記録的な需要の中で発行を停止したため、価格がかい離した。

SECのジョン・ネスター報道官はコメントを控えている。クレデ ィ・スイス広報のキャサリン・ヘリング氏に通常の営業時間後に取材を 試みたが、現時点で応答はない。

原題:SEC Said to Review Credit Suisse Note That Whipsawed Investors(抜粋)

--取材協力:Nikolaj Gammeltoft、Christopher Condon、Chitra Somayaji.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE