3月の英住宅価格:2年ぶり大幅下落ーネーションワイド

英国の3月の住宅価格は2年ぶりの 大幅な下落となった。住宅の一次取得者向けの税制優遇措置が終了した ことが影響した。英住宅金融大手ネーションワイド・ビルディング・ソ サエティーが29日発表した。

ネーションワイドが電子メールで配布した資料によると、3月の住 宅平均価格は前月比1%下落して16万3327ポンド(約2100万円)とな り、2010年2月以来最大の下げを記録した。前年同月比では0.9%下落 で、6カ月ぶりの下落となった。

25万ポンド未満の住宅にかかる印紙税の免税措置は24日に終了し た。オズボーン財務相は財政赤字への対応で高額不動産の印紙税引き上 げを発表した。欧州の債務危機を背景に景気回復がなかなか進まず、住 宅市場は逆風にさらされる恐れがある。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー氏 は発表資料で、「厳しい経済状況が引き続き足かせになる公算が大き く、向こう1年間の住宅価格は横ばいあるいは緩やかな下落をたどる」 との見通しを示した。今月の住宅価格については、「印紙税免税の終了 が差し迫っていたこと考えると、低迷は予想されていた」と説明した。

原題:EMBARGOED STORY HEADLINE(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE