JPモルガン報酬1億円バンカー、1285万円でFDIC入り

米銀JPモルガン・チェースのバン カーとして、2010年と11年に120万ドル(約1億円)を稼いだジェレマ イア・ノートン氏は、米連邦預金保険公社(FDIC)理事会メンバー に就任するために上院銀行委員会の承認を待っている。新しいポストの 報酬は年間15万5500ドル(約1285万円)だ。

上院銀行委が29日に承認すれば、ノートン氏は上院本会議の指名承 認を待つ4人のFDIC当局者候補の1人となる。

ウォール街(米金融街)から比較的報酬の低い政府の仕事に転じる 人材は珍しくない。ゴールドマン・サックス・グループの最高経営責任者 (CEO)を経て、ブッシュ前大統領の財務長官を務めたハンク・ポー ルソン氏はゴールドマンで5億ドル(約413億円)を上回る財を成した 後、政権入りした。ノートン氏はJPモルガンに入社する前にポールソ ン氏の下で財務省で働いた経験がある。

シティグループの消費者金融グループの元マネジングディレクター で、現在はメリーランド大学ロバートHスミス経営大学院の教授(金融 学)を務めるクリフォード・ロッシ氏は、ウォール街には政府の仕事の 威光に引き付けられて政権入りする人々がいると述べ、「彼らはある時 点でいつでも民間部門に戻り、辞めた職場で再び仕事を始めることがで きる。われわれがこれまで見てきた通りだ」と話している。

株式や不動産で多額の資産

ノートン氏は米政府の倫理規定に基づく情報開示で、750万-3100 万ドルの資産を公開している。父親であるフィリップ・ノートン氏が経 営するオンライン・サプライチェーン運営会社eプラス(バージニア 州)の最大株主、JAPインベストメント・グループ関連の資産がその 多くの部分を占める。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、ジェレマイア・ノート ン氏が保有するeプラス株式の時価総額は1480万ドル相当に上る。同氏 はまた、ワシントンに近いバージニア州の未開発不動産に少なくと も110万ドル相当の権益を持つ。

原題:Millionaire JPMorgan Banker Norton Seeking $155,500 Post at FDIC(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE