米ゴールドマン、インドで初の取締役会-BRICs開催一巡

資産規模で米5位の銀行ゴールドマ ン・サックス・グループが今週インドで初めて取締役会を開くが、イン ドは3年ぶりの低成長に向かい、改革ペースは同行のアナリストらを失 望させている。

ロイド・ブランクファイン会長兼CEO(最高経営責任者)がイン ドのビジネスの中心地ムンバイと首都ニューデリーとで3日間行われる 会議を率いる。これでゴールドマンはインドにロシア、中国、ブラジル を加えたBRICs4カ国全てで取締役会を開くことになる。

BRICsという造語を10年前に生み出したゴルドマン・サック ス・アセット・マネジメントのジム・オニール会長は28日の取材に対し 電子メールで回答し、「インドは高まる期待に応えられないでいる。よ く言及される10%を超える成長への望みは、大胆な改革がなく達成でき ないでいる」と指摘した。

ブランクファイン氏らゴールマンの取締役は、政府当局者や国内大 手企業のトップを招き複数の夕食会を開催する予定だ。インド一の富豪 であるリライアンス・インダストリーズのムケシュ・アンバニ会長も参 加する。関係者が非公開情報だとして匿名を条件に述べた。ムンバイ で29日夜開かれるイベントの招待者リストには、タタ・グループのラタ ン・タタ会長らの名前が並んでいるという。

原題:Goldman Sachs Board Meeting in Laggard India Closes BRIC Cycle(抜粋)

--取材協力:George Smith Alexander、Chitra Somayaji.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE