パラジウム:12月までに30%上昇との見方-投資家の買い加速

投資家が保有するパラジウムの増加 率が過去1年余りで最大となっている。需要増と供給減により、パラジ ウム相場が12月までに貴金属の中で最も高い上昇率を示すと、アナリス トらは予想している。1-3月(第1四半期)は最も低いパフォーマン スを示している。

ブルームバーグが集計したデータによると、パラジウムに裏付けさ れた上場取引型金融商品(ETP)を通じた保有量は今年に入って13% 増加し、四半期ベースでは2010年末以降で最大の伸びを示しそうだ。ブ ルームバーグがアナリスト11人を対象に実施した調査の中央値による と、10-12月(第4四半期)のパラジウム価格の平均は1オンス当た り850ドルと、現行水準を30%上回る見通し。金は13%、銀は11%、プ ラチナについては9.8%の上昇が予想されている。

TDセキュリティーズ(トロント)の商品戦略責任者、バート・メ レク氏は「私は貴金属の中でパラジウムを最も選好している。他の貴金 属に比べて比較的割安だ」と指摘。「自動車の触媒コンバータ(浄化装 置)向け需要が伸びるはずだ。ロシア政府の備蓄により供給の伸びは制 限されるだろう」との見方を示した。同氏はブルームバーグが実施した 予想調査で11年末までの8四半期の相場動向を最も的確に予測した。

原題:Palladium Seen Beating Gold With Record Car Sales: Commodities(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE