英ピアソン:新たな買収先を調査-インドなど新興市場注視

英出版社ピアソンのロビン・フリー ストーン最高財務責任者(CFO)は、公立の学校や大学への財政支援 が削減される中で新たな買収先の調査を進めていることを明らかにし た。同社は今年、企業買収に10億ポンド(約1300億円)の資金を用意し ている。

同氏はブルームバーグのロンドンオフィスで28日行ったインタビュ ーで、インドやブラジル、中国などの教育関連企業のほか、新たな技能 取得を支援するウェブサイトやソフトウエアの買収を模索していると述 べた。

同氏は「世界の教育関連市場で成長ペースが速いのは、建設作業員 や会計士、弁護士、ホテル従業員など特定の仕事に就くために訓練する 分野であり、こうした市場の伸びは大学に入る学生の約2倍の水準で現 在推移している」と語った。

フリーストーン氏によると、同社は通常25-30社の買収候補を常に 検討。昨年は10の案件に約9億ポンドを投じた。

原題:Pearson Skips University to Hunt for Deals in India and Brazil(抜粋)

--取材協力:Matthew Campbell、Oliver Staley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE