中国株は下げ拡大へ、景気が企業収益に影響で-ジュリアスB

中国株は今後、下げが拡大すると、 ジュリアス・ベアは指摘した。景気減速で企業収益が打撃を受けること を理由に挙げた。

ジュリアス・ベアのアナリスト、アラン・ラム氏(香港在勤)は28 日の電話取材に対し、「大幅な」金融緩和がない限り、中国株は恐らく 下落すると述べた。28日には上海総合指数が前日比2.7%安と、4カ月 ぶりの大幅な下落となった。中国企業は今年、増益にならないとのソシ エテ・ジェネラルの予想が材料視された。

ラム氏は「景気減速は当面続くだろう。政策に対しては過剰な期待 がある。中国の景気鈍化が企業収益にマイナスに働くのは事実だ」と語 った。

政府の不動産規制や金融引き締め政策に伴い企業収益が減少し景気 が失速するとの懸念から、上海総合指数は2日に付けた年初来高値から これまでに7.2%下落している。

原題:China’s Stocks Poised to Extend Drop on Profit, Says Julius Baer(抜粋)

--取材協力:Saeromi Shin、Ian Sayson、Gan Yen Kuan、Anuchit Nguyen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE