ハンガリー:中銀の独立性めぐるEUの懸念解消-首相報道官

ハンガリー政府は、国際通貨基金( IMF)との支援協議再開の妨げとなっている中央銀行の独立性をめぐ る欧州連合(EU)の懸念が解消されたと指摘した。

オルバン首相のシーヤート報道官は28日の電子メールで、「ハンガ リー中銀に関する問題は、政府とEUの継続的な協議の結果、解決した と考えられる」と説明した。

ハンガリーは4カ月前にIMFに支援を要請したものの、協議開始 に向けたEUの前提条件を満たせず、その間に同国通貨フォリントはユ ーロに対し過去最安値に下落。同国のソブリン債格付けはジャンク級 (投機的格付け)に引き下げられた。EUは、中銀のほか、司法やデー タ保護当局の独立性を脅かしかねないとする同国の法律に反対して協議 を阻んでいる。

シーヤート報道官はこの日、「ハンガリー政府は引き続き、できる 限り早期にIMFおよびEUとの協議を再開することを望んでおり、そ の実現に向けて取り組んでいる」と述べた。

原題:Hungary Says It Has Overcome EU Concerns on Central Bank (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE