野村:M&Aで人員増強へ-超難関グローバル採用の新卒15人も配属

野村ホールディングスはM&A助言 業務の陣容を拡大する。外資系銀行などから即戦力となるバンカーの起 用を開始するほか、超難関の試験を通過し4月に入社する「グローバル 型社員」として採用した新入社員から最大15人程度を同部門に配属す る計画だ。需要が一層高まるクロスボーダーで助言業務を強化する。

複数の関係者によると、野村は高い英語力やバンカーとしての専門 性、会計・法務の知識などが求められるグローバル型社員を約50人採 用したもよう。今春の全体の新卒採用は約600人だが、グローバル型は 報酬も国際標準で、通常採用の約3倍が支払われる。同社のM&A(企 業の合併・買収)業務に携わる人員は現在140人。

野村は昨年の日本企業関連のM&Aアドバイザリーランキングで 首位。ことしは日本企業による海外企業の買収がさらに拡大すると見込 んでいる。東日本大震災や欧州債務危機を受け、国内で業務を営む国内 外の金融機関が人員削減を進め、事実上採用を凍結しているところがほ とんどだ。

グローバルM&Aを統括する野村の奥田健太郎執行役員は、ブルー ムバーグ・ニュースの取材に応じ、仕掛中のパイプライン案件は「かな りある」と指摘した上で、「われわれは海外資産の買収を模索する日本 企業の需要に応えることに敏感になっている」と述べた。

日本企業はことし特に医薬品、製造業、コンシューマー産業で積極 的に海外での買収を行うだろうと奥田氏は述べた。また、中国企業の日 本での買収に加え、両国での合弁会社設立の動きも顕著になるだろうと 見通している。野村の菅井馨子広報担当は、同社のM&A業務における 人員採用戦略についてコメントを避けた。

エリートを確保

グローバル型社員は、書類審査や複数回の面接を経て選抜される。 高度な専門知識・技術を駆使して国際金融市場で多額の利益を稼ぎ出す モルガン・スタンレーやゴールドマン・サックスを就職先に選ぶ傾向の ある優秀な学生を確保・育成する狙いで作られ同制度は2年目に入る。 ボーナスなどを除き年間で650万円の給与が支給され、海外勤務の機会 も与えられる。野村の通常枠での初任給は240万円程度。

同社では昨年度は604人の新卒者を採用。そのうち40人がグロー バル採用で、5人程度がM&Aの助言業務に配属された。応募者にはT OEIC860点以上のスコアが求められた。TOEICは英語のコミュ ニケーション能力を測るテストで日本では毎年約200万人が受験してい る。最も高いスコアは990。

奥田氏は1987年に慶應義塾大学卒業後、野村証券に入社。ペンシ ルバニア大学ウォートンスクールでMBAを取得している。同氏は4月 1日付で常務になるが、野村HDでは最短の昇進。野村はM&Aのリー グテーブルで昨年ゴールドマンとデッドヒートを繰り広げ、10月には一 時トップの座を譲ったが、最終的には首位を守った。

M&Aの周辺業務

野村は手数料収入拡大のため、助言以外のM&A周辺ビジネスにも 着手している。クロスボーダー案件で買収金額決定後の為替変動にさら されるマーケットリスクや、案件が破断した際に残存するヘッジポジシ ョンから損失が発生するディールリスクなど、ヘッジのためのソリュー ションやコンサルティングの提供を積極的に行っていく考えだ。

野村証の小池広靖リスク・ソリューション部長は、ブルームバー グ・ニュースとのインタビューで、同ビジネスはM&A業務の「パッケ ージ化」で「次世代のIBビジネスにフィットする」と述べた。その上 で、これまで助言案件の半分程度にとどまっていた同業務を12年以降 は全案件で獲得していきたいと語った。

ブルームバーグ・データによれば、野村は昨年、日本企業による海 外企業の買収案件で26件(234億ドル相当)に携わり、3位だった。12 年は4つの案件(43億ドル相当)の助言を手掛け現在2位。1位はJP モルガンだ。野村はまた、株式や債券市場での買収ファイナンスも積極 的に推進していく計画だ。

--取材協力:ブライアン・ファウラー(東京) Editor: Kazu Hirano  Kenzo Taniai Hideki Asai

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE