80年の女人禁制に幕か-今年のマスターズのもう一つの見どころ

今年1月に世界最大のコンピュータ ーサービス会社である米IBMの歴史で初の女性トップとなったバージ ニア・ロメッティ最高経営責任者(CEO)はゴルフの祭典の歴史も書 き換えるかもしれない。もしロメッティ氏が来月、オーガスタでグリー ンジャケットに腕を通すことができればだ。

4月5日に開幕する男子ゴルフの今季メジャー第一戦、マスター ズ・トーナメントの優勝者に贈られるおなじみのグリーンジャケット。 主催者であり競技の舞台ともなる米ジョージア州のオーガスタ・ナショ ナル・ゴルフクラブ(GC)のメンバーのみが着用できる。IBMはマ スターズのスポンサー3社のうちの1社であり、これまで同クラブはス ポンサーのトップを招待するのが恒例だった。

しかし、同クラブは今年ジレンマを抱える。というのも、同クラブ は80年前の設立以来、女性をメンバーとして認めていないからだ。クラ ブ側がこれまで通りIBMのトップを招待するならば、この伝統を破ら なくてはならない。

IBMはオーガスタで特別な立場にある。10番ホールの近くには同 社のゲスト用ハウスがある。他のスポンサー2社、エクソンモービルと AT&Tのハウスも並んでいる。IBMの歴代男性CEOはメンバーの 証しであるグリーンジャケットに腕を通すことができた。

エール・ロースクールのシニア・リサーチスカラーでジャーナリス トのマルシア・チェンバース氏は「オーガスタGCはさまざまな面でジ レンマを抱えている。CEOを招待しいてきた伝統があるならば、今回 も同様に対応することを考えるべきだろう。今回のCEOの唯一の違い はジェンダー(性)にすぎない」と話す。

オーガスタはプライベートのゴルフクラブとしての自らのルールを 設定。その変更には抵抗してきた。1990年にテレビ局ガネット社長のロ ン・タウンゼント氏がメンバーになるまでは、黒人のメンバーも認めな かった。

会員規則

頻繁ではないがゴルフをプレーするロメッティCEOは、前任者の サム・パルミサーノ氏からマスターズのスポンサーシップを引き継い だ。競技中継のテレビでは同社のCMが放映される。マスターズ・トー ナメントのスポークスマン、スティーブ・エサン氏はメンバーの身分に 関連する議論は禁じられているとしてコメントを控えた。IBMの広報 担当エド・バービニ氏もコメントしなかった。

米ウェブスター大学(セントルイス)のパトリック・リシェ教授 (スポーツビジネス)は、ロメッティ氏のCEO昇格はオーガスタ・ナ ショナルGCを「興味深い」状況に直面させていると指摘。女性CEO の招待については内密に取り組みが進む公算が大きいとした上で「プラ イベートクラブというのは言葉遣いや独自ルールについては賢い」の で、単純に主要スポンサーの首脳に適用する例外規定を設けるのではな いかとの見方を示した。

オーガスタ・ナショナルのビリー・ペイン会長は男性のみのメンバ ー制について、見直しの「特定の時期」は設定していないと話してい る。

原題:Golf’s Masters Facing Male-Only Dilemma With IBM CEO Rometty(抜粋)

--取材協力:John Helyar、Carol Hymowitz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE