ロシア:国債70億ドル相当を発行-新興国として09年来で最大

ロシアが70億ドル(約5800億円)相 当の国債を発行した。原油高が追い風となり、世界一のエネルギー輸出 国であるロシアは新興国として2009年以降最大規模となるソブリン債発 行に踏み切った。

ロシア政府は5年債20億ドル相当を米国債を230ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%)上回る金利水準で発行。10年債20億ドル は240bp、30年債30億ドルは250bp高くなっている。取引に詳しいバ ンカーが公に話す権限はないとして匿名を条件に語った。

ロシアが前回30年債を発行したのは2000年8月。その2年前に は400億ドル相当の国内債のデフォルト(債務不履行)に陥っていた。 ロシアによる28日の国債発行は、カタールが09年11月に70億ドルを発行 して以来、新興国で最大規模。

UBSの新興市場担当ストラテジスト(ロンドン在勤)、アルビ ン・イン氏は電話取材に対し、「石油輸出国のロシアは引き続き最も魅 力的な投資適格級の発行体の1つで、メキシコやブラジルの国債より割 安だ。発行規模は予想していたより大きかった」と述べた。ロシア政府 は今回の発行に今年のグローバル債発行枠全額を充てた。

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが投資適格 級としては下から3番目の「Baa1」を付与しているロシアが、前回 グローバル債を発行したのは11年5月。この時は2018年償還債で500億 ルーブル(約1400億円)を調達した。ブラジルは、ムーディーズにより ロシアより1段階下の「Baa2」と格付けされている。

BNPパリバとシティグループ、ドイツ銀行、トロイカ・ダイアロ グ、VTBキャピタルが今回の発行業務を担当した。

原題:Russia Completes Biggest Emerging Bond Sale Since 2009 (1) (抜粋)

--取材協力:Drew Benson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE