香港のチョンコン:11年は72%増益-傘下のハチソンが好調

香港の資産家、李嘉誠氏率いる不動 産開発会社、チョンコン・ホールディングス (長江実業集団)の2011 年通期決算は、純利益が72%増加した。香港と中国本土での不動産販売 が伸びたほか、傘下の複合企業ハチソン・ワンポアの寄与度が高まっ た。

同社が香港証券取引所に29日提出した資料によれば、純利益は461 億香港ドル(約4900億円、1株当たり19.88香港ドル)と、前年の修正 値268億香港ドル(同11.59香港ドル)から増えた。ブルームバーグがア ナリスト15人を対象にまとめた調査の平均値では、405億香港ドルと見 込まれていた。

ハチソン・ワンポアが同日発表した11年通期決算は、純利益が560 億香港ドルと、前年の202億香港ドル(修正値)の倍以上となった。ア ナリスト9人の予想平均は559億香港ドルだった。英国の公益事業とカ ナダの石油生産、中国の化粧品事業が好調だった。

原題:Cheung Kong’s 2011 Profit Rises 72% on Property Sales,

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE