米HCA債保証料上昇、医療保険改革法の行方に暗雲-CDS

28日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米病院運営会社の社債保証コストが上昇。 米連邦最高裁でオバマ大統領の医療保険制度改革法が違憲と判断される 可能性に備え、ヘッジの動きが広がった。

CMAによれば、病院運営を手掛ける米HCAホールディングスと テネット・ヘルスケア、コミュニティー・ヘルス・システムズの平均社 債保証コストは604ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、今 月に入り88bp上昇。このままいけば月間ベースで昨年9月以来の大幅 な上げとなりそうだ。最大手HCAのCDSスプレッドは今月、55bp 上昇し511bp。テネットは97bp上げて637bp。コミュニティー・ヘ ルスは112bp上昇の664bp。

最高裁は医療保険制度改革法の合憲性をめぐる3日間の審理を終え た。数人の判事は同法の合憲性に懐疑的な考えを示している。

クレジットサイツのアナリスト、ディヤ・サウニー氏は電話インタ ビューで病院運営会社の社債保証コスト上昇について、「不確実性に連 動している」と指摘した。

マークイット・グループによれば、北米企業の信用リスクの指標で あるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニューヨー ク時間午後5時12分(日本時間29日午前6時12分)現在、1.4bp上昇 の90.8bp。

原題:HCA Leads Credit Swap Jump as Hearings Cast Cloud on Health Law(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE