ソニー:シャープ堺工場7%出資引き揚げも、鴻海との提携で

シャープ液晶パネルの主力工場であ る堺工場の運営会社へ7%出資しているソニーが、資本を引き揚げる可 能性が出てきた。シャープが運営会社の出資分の半分を台湾鴻海精密工 業に売却することでソニーが株式買い取りを請求できるようになった。

連名で28日発表した資料によると、ソニーの現在の7%の出資分の 取り扱いなどを9月末までに協議する。シャープが自社保有の運営会社 株を一部でも第三者に譲渡した場合、ソニーはこの期限前でも買い取り の請求が可能。シャープは27日、鴻海精密に保有株の半分46.5%を売却 すると発表した。協議していたソニーの追加出資は行わない。

シャープは堺工場建設発表の翌08年2月に、ソニーが運営会社 に34%を出資し、同工場で生産されるパネルの約3分の1を引き取るこ とで合意。しかし、その後のリーマンショックによるテレビ価格下落か ら、09年に100億円を出資して7%を取得するにとどまっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE