米GM、「シボレー」担当の広告代理店にコモンウェルス起用

自動車最大手の米ゼネラル・モータ ーズ(GM)は、新設の広告代理店1社を「シボレー」ブランドの担当 に起用した。マーケティング再編の一環で、今後5年間で20億ドル (約1660億円)の経費節減を目指す。

GMの27日の発表資料によると、シボレーの広告代理店業務はコモ ンウェルスが担当する。同社はグッドバイとマッキャンエリクソン・ワ ールドワイドの2社が新たに設立した合弁会社。販売台数でGM最大の ブランドであるシボレーの広告代理店には、これまで全世界で70社が起 用されていた。

GMのジョエル・エワニック最高マーケティング責任者(CMO) は発表資料で、「マーケティング・コミュニケーション持ち株会社の大 手2社が共同で広告会社を設立するのは初めてのことだ」と指摘。「コ モンウェルスはデトロイトに拠点を置き、シボレーを強化し、象徴的な グローバルブランドに育てることだけに集中する」と説明した。

GMによると、グッドバイは米国、マッキャンはブラジルや中国な ど世界の多くの市場でシボレーの広告代理店業務をこれまで担当してき た。

原題:GM Says Commonwealth Created to Be Chevrolet Brand Ad Agency (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE