豪中銀:銀行はリスク拡大避けよ-金融システムは力強い

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)は28日、同国では住宅ローン需要が過去30年余りで最も低調となっ ているが、銀行は増益を図るために一段とリスクを取るべきではないと 指摘した。

豪中銀は同日公表した金融安定化報告で、「リスクをさらに取るこ とで非現実的な利益予想を追い求めても役に立たない」だろうと指摘。 その上で、融資基準の引き下げや新たな市場でのあまりにも急速な事業 拡大、リスク管理を緩めることに対して警告した。

同報告書では、国内銀行システムは「相対的に力強い状況を維持」 し、一部の銀行は最高位の格付けを付与されているが、家計の借り入れ 需要の低迷が「将来の利益の成長ペースを制約しかねない」と分析。国 内大手4行のうち3行は、年内に1500人余りを削減する計画を発表し、 厳しい環境に対応している。

豪中銀は、こうした環境で各行は、人員削減を含む「コスト削減と 生産性向上を通じて収益力の押し上げを目指している」と説明。「人員 削減が融資やセールスの範囲である限り、銀行はこうした分野の弱い活 動に合わせることで対応できるが、削減がリスク管理や経営にまで及べ ば、これら分野のパフォーマンスは妥協を強いられる恐れがある」との 見方を示した。

原題:Australian Banks Should Avoid Chasing ‘Unrealistic’ Profit (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE